日別アーカイブ: 2009年5月21日

ほうれん草をゆでる(3)

小学5年、家庭科の事例です。
ほうれん草をゆでた後に、ほうれん草を食べやすく切るために使った包丁の片付け方を知ることも、家庭科の大切な学習の一つです。
「細かいことだけれど、包丁はしっかり拭いてから返してください。」と言って、しっかり拭けていない包丁を実物投影機で映しました。
この場合は、真上から撮すよりも、アームを少し傾けた方が水滴がよく映ります。
これを見て子ども達も「あっ、拭けてない!」と気が付きました。
まずは見せて説明する。こんなときにも実物投影機は大活躍します。
【事例提供:東京都S先生より】