映画の半券

小学4年、朝の会での事例です。
日常のできごとや、最近心に残ったできごとを毎朝、「朝のスピーチ」の時間を作ってスピーチしています。
写真の事例は、心に残った映画の半券を持ってきて、実物投影機「みエルモん」で大きく映してスピーチした時のものです。
半券ひとつでも、このようにみんなで共有できることで、聞く方も話の内容を思い浮かべながら聞くことができました。
【事例提供:富山県N先生より】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です