電磁石と電流計を接続する

小学6年生、理科の事例です。昨日の「電磁石を作る」の続きです。
左の写真は、電磁石と乾電池、そして電流計のつなぎ方を説明しているところです。
実物投影機で、道具をそのまま映して説明しました。
実物投影機がなければ、図を黒板に書いて説明しなければなりません。これでは時間がかかるだけではなく、わかりにくくなってしまいます。
まず最初に、電流計と電池ボックスとをつなぎます。
このときに、電池ボックスのスイッチは切っておきます。
スイッチのある場所を直接指して「このスイッチを切るように」と説明できます。
全部つなぎ終わった後に,もう一度確認をおこないます。
「こことここがつながっていますか?」と質問するだけで、どこがつながっていればいいか、すぐにわかります。
最後にスイッチを入れます。
「このつまみをこのように動かします。」という指示ですべての子どもが理解できました。
【事例提供:兵庫県K先生より】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です