分数の復習

 算数の学習では、昨日までに学習した内容を
 しっかり理解できているかどうかによって
 次の学習にスムーズに進めるかが違ってきます。
 子どもたちによっては、前の授業で学習した絶対必要な
 確認事項を覚えることが難しく、すぐに忘れてしまったり
 わからなくなってしまう場合があります。
このような場合には、教科書をすぐに開くことも難しい場合が多く、復習するだけでたくさんの時間がとられてしまうこともよくあるものです。
上の写真は、小学4年生の算数で、分数の復習をした時のものです。
真分数・帯分数・仮分数を忘れてしまっている子どもがいたので、予めSDカードに保存しておいた教科書の説明の部分を映して、一緒に確認しました。
実物投影機「みエルモん」では、ボタン一つで必要な画像をSDカードに保存できます。
以前の学習を忘れてしまっているという時に、復習が簡単にできるように、教科書のポイントになる言葉に付箋紙をつけたものと、つけていないものをSDカードに保存しておきました。
こうすると、必要なときにいつでもすぐに見せて復習が何度でもできます。
このような実物投影機を活用した授業を、模擬授業として体験できるセミナーを開催します。ぜひお申し込みください。
 ★実物投影機活用実践セミナーin大阪 8月30日(土)
 ★実物投影機活用実践セミナーin東京 9月13日(土)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です