「教育情報化総合支援モデル事業」の公募が始まりました

文部科学省での教育の情報化に向けての事業のひとつである「教育情報化総合支援モデル事業」の公募が始まりました。
 公募期間:平成20年7月3日(木曜日)〜7月30日(水曜日)
 公募対象機関:地方公共団体
この事業は、平成19年度に文部科学省で実施された「学校のICT化のサポート体制の在り方に関する検討会」の結果を踏まえて実施される事業になります。
教育の情報化をすすめるために、学校のICT化の環境整備や人員配置、研修のあり方などを計画的・組織的にすすめていく地域や学校の取組みに関する調査研究を実施するものです。
「学校のICT化のサポート体制の在り方に関する検討会」では、CIO(Chief Information Officerの略。教育の情報化を計画的かつ戦略的に進めるための統括責任者又は統括責任機関)やICT支援員(学校において、ICTを活用した授業や校務処理などを行う際、教員をサポートする人材)について多くの議論がありました。
もうすぐ報告書が発表されるようです。
  参考:学校のICT化のサポート体制の在り方に関する検討会について
各地域では、教育の情報化をすすめるために苦労されているところも多いかと思いますが、このような事業に応募することも、情報化をさらに推進するための大きなきっかけ作りになるのではないでしょうか。
 ★平成20年度「教育情報化総合支援モデル事業」の公募について
 ★公募内容の詳細

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です