縫い方の実演

5年 家庭科 「縫ってみよう」

 漢字の五を縫うときの針の位置を実物を提示して、
 その手順をマグネットスクリーンに書き込んだ。
 同じものが映っていることと、ひと針、ひと針縫う場所を
 確認をしながら進めたので、混乱なく進めることができた。

 説明のときにスクリーンに書き込んだものを残しながら,
 縫い方の実演を行った。
 手順が示されているスクリーン上の板書と,
 実際の操作で縫い方の理解が深まった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です