日別アーカイブ: 2011年10月31日

ワークシートをノートに貼るには

小学3年、理科の事例です。
理科で実験をする時に、実験の手順や経過を確認するために、実験の経過を記録するワークシートを使いました。
それぞれが書きこんだワークシートは、そのままにしておくとすぐになくしてしまうので、ノートに貼らせています。
けれど、B5サイズのワークシートをそのままノートに貼ろうとすると、一部分はみ出してしまいます。
そこで、ワークシートの端を少しだけ切り落とすように指示しました。
その時、切り取る幅の目安を実物投影機「みエルモん」で大きく映して確かめました。
言葉だけでは長さの量感をイメージできな子どもでも、大きく映して説明するだけで「5mmほど切り取る」という感覚を的確につかむことができました。
【事例提供:富山県S先生より】