日別アーカイブ: 2010年9月10日

三木市立教育センターでの研修の取組み

兵庫県三木市教育センターでは、毎年様々な研修を行っているそうですが、今年の夏もたくさんの研修が行われました。
三木市教育センターの研修は、講座の名前だけ見てもとても魅力的な内容になっています。「あなたも元気に英語でコミュニケーション」「ICTを校務に活かして心に余裕をつくろう」「わかる授業は,板書力UPから」などの講座名が並んでいます。その中で、実物投影機を使った研修も行われました。講座名は「わかる授業づくりのための実物投影機活用」です。
この研修で、実物投影機活用授業研修パッケージ「ニコニコICT」を活用してもらいました。
使ったのは、研修パッケージのAとBだそうです。
この研修パッケージは、実物投影機「みエルモん」を授業で使うときのポイントを、セットになっている教材を使ってもらうことで簡単に伝えることができるようになっています。
研修で使ってくださった先生からも、「研修パッケージの構成は、とてもよく考えられていると思いました。」といううれしいご感想をいただきました。
三木市教育センターの専門研修講座『わかる授業づくりのための実物投影機活用』の様子は、こちらからご覧いただけます。とても楽しそうな研修風景が見られます。研修の流れとしても参考になるのではないでしょうか。
   専門研修講座『わかる授業づくりのための実物投影機活用』
三木市教育センターでは、このような専門研修講座以外にも、グループや研修部会、学校などからリクエストを受けて、そのリクエストにあった具体的な研修内容を教育センターで考えて実施するという『Answer講座(ニーズ対応出前講座)』も行っているそうです。
   Answer講座(ニーズ対応出前講座)について
このAnswer講座研修は、学校へ出かけて行う場合とセンターで行う場合があるそうで、内容や学校の都合によって相談して決められるとのことです。
学校や先生方の希望にあった研修をするためのAnswer講座は、きめ細かい対応ができ、すばらしい取り組みだなと思いました。
このAnswer講座でも、実物投影機を使った研修が行われたそうで、その様子もHPで紹介されています。
   専門研修講座『ANSWER講座 広野小学校 校内研修
この研修でも、実物投影機活用授業研修パッケージ「ニコニコICT」が大活躍したとのことです。
この実物投影機活用授業研修パッケージ「ニコニコICT」は、実物投影機「みエルモん」を使っていただいているところには、無料でご案内しています。
ぜひ使ってみたいという方は、CrSP事務局までいつでもお問い合わせください。
   CrSP事務局へのお問い合わせはこちらから⇒CrSP事務局へのお問い合わせ