日別アーカイブ: 2010年8月18日

初任者研修でのICT活用研修の取り組み

千葉県総合教育センターでは、小学校の初任者研修会の中でICT活用指導力の向上を図るために、ICT活用研修を今年度から取り入れています。
今年度の受講者は、452名。かなりの人数になるため、二つのグループに分け、6月2日、9日の二日間かけての研修になりました。
ワークショップ研修この研修の大きなポイントは、実際に機器に触りながら授業を考えるワークショップ形式の研修を取り入れているところです。
参加された先生方は、ICTを使うことでどんな授業が実現できるのか、今まで教えるのに難しかったことが、どう解決できるのか、実際にICT機器に触りながら真剣に議論されていました。
また、それぞれの学校での教育の情報化についても情報交換をしながら、これからの授業について前向きに話し合いが行われていました。
最後に、これからやってみたいICT活用の授業として、
   ・鍵盤ハーモニカや絵の具の説明を大きく映してやりたい。
   ・子どものノートを映して、ノート指導をしたい。
という具体的な活用イメージの発表が出ていました。
このような初任者研修の中で、ICT活用について実際に機器に触りながら授業を話し合えるワークショップ形式で実施することは、文部科学省から出ている「教員のICT活用指導力」を向上させるためにも大きな効果があるのではないかと感じました。