日別アーカイブ: 2009年6月19日

算数の問題を読み取る

小学5年、算数の事例です。
算数の文章問題では、その文の中にどのような情報が書かれていて、何を求める問題なのかを読み取ることがとても重要です。
左の写真は、割合の練習問題を実物投影機でそのまま映して説明しているときのものです。
「もとにする量」「くらべられる量」「割合」のうち、何を求める問題なのか、それぞれ数値はどれなのかについて確認しました。
子どもたちがつまづいているとわかった時、すぐにこのような確認をすることはとても効果がありますが、実物投影機で問題を映すことでテンポよく授業を進めることができます。
黒板に問題を板書している時間を、子どもたちが問題を考える時間にすることができるからです。
写真のようにマグネットスクリーンに書き込みながら説明すると、特にわかりやすく説明でき、このような問題が苦手な子どもたちにとって大きなヒントとなります。
【事例提供:岩手県S先生より】