日別アーカイブ: 2009年4月2日

PTA全体会でも活用しています

先生方は、黒板やチョークを使って実にわかりやすく授業をされます。
この板書の技術は、授業技術の中でも大切なもののひとつになっています。
そして、この板書技術と同じレベルでICT活用を授業にちょっとだけ取り入れるだけで、さらに今まで以上にわかりやすい授業が生まれてきます。
このような説明は、実際に授業を受けてみるのが一番です。
本日ご紹介させていただく三重県津市立太郎生小学校では、PTAの方々にICTを活用した模擬授業を体験していただいたそうです。津市立太郎生小学校のHPで詳しく紹介されています。
津市立太郎生小学校では、PTAの全体会で実物投影機を活用されたそうです。このような会や会議では、紙の資料が必ず使われます。人数分印刷して配布することもありますが、細かい文章や数字が書かれ、説明されてもすぐに資料のどこに記載されているのか、大人でも探しにくいことがよくあります。
そのようなときにはやはり実物投影機が活躍します。津市立太郎生小学校のPTAの方々もきっと実物投影機があることで、資料の説明がわかりやすくなったと感じられたのではないでしょうか。
そして、子どもたちも同じように授業がわかりやすくなることも理解していただけたのではないかと思います。
模擬授業の体験付きのPTA全体会、このような取り組みをしていくことで、PTAの方々の理解を得ながら、学校や地域全体で子どもたちへのわかりやすい授業づくりがつくられていくという取り組みが素晴らしいと思います。
最近では、PTA予算で実物投影機「みエルモん」を購入したいとか、卒業記念品で購入したいというお問い合わせも増えています。
三重県津市立太郎生小学校のHPはこちらからご覧ください。三重県津市立太郎生小学校のHP