滋賀県高島市立マキノ中学校公開授業へ行きました1

2014年1月31日(金)に、滋賀県高島市立マキノ中学校で公開授業がありました。
高島市立マキノ中学校は、施設分離型小中一貫教育を実践しています。
そのため、小学6年生と、中学1年生及び中学2年生の授業が公開されました。
先ずは、小学6年生、外国語活動の授業の様子をご紹介します。
使われていたICT機器は、一斉指導用として、50インチの大型TVと実物投影機モバイル「みエルモん」MO-1のセットを、グループ学習用としてタブレットパソコンがグループごとに使われていました。
授業は、ヒントをもらいながら先生が用意した答えを英語で当てるというものでした。
ヒントは、一つのヒントを英語で先生が出します。その英語に合ったもの実物投影機で映して見せます。
 例えばこんな感じです。
    Color ⇒ Orange
 と言って、
 オレンジ色の紙を実物投影機で映します。
 そうすることで、日本語を話さなくても、
 映っているものがオレンジ色だとわかります。
 次に、
   Size ⇒ Watermelon
 と言って、
 今度はスイカの絵を実物投影機で映します。
 最後に、
   Use ⇒ Sports
と言って、スポーツの絵を見せる、という具合でヒントを出していきます。
 子どもたちは、TVに映し出されたイラストと、
 先生からの英語のヒントから答えを考え、
 考えた答えをグループごとにタブレットパソコンに
 描いていきます。
 そして、そのタブレットの絵をTVに映しだして
 みんなで共有していました。
先ほどの例の答えは、「 Basketball」でした。
実はこの日に使われたタブレットパソコンは、授業の10分前に使い方を子どもたちへ説明したそうです。
それでも子どもたちは、問題なく使いこなしていました。
また、先生が質問するときにはきちんと前の大型TVを観て、グループ活動をするときには、グループでタブレットパソコンを覗き込むなど、子どもたちの視線が必要なところに向けられて落ち着いて授業ができていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>