お道具箱の上手な使い方

小学2年の事例です。
 新学期には、子どもたちも、わくわくドキドキした気持ちで
 いっぱいです。
 特に、新2年生は、ちょっとだけお兄さんお姉さんになる
 といううれしい気持ちと、なれるかなという不安な気持ちが
 入り混じって新学期を迎えているのではないでしょうか。
学校のこと、ちゃんとできるかな。
そんな心配がある子どもたちに、先ずは新しいクラスでの簡単にできる決まり事をしっかり伝えて、できる感を与えてあげたいところです。
その一つに、教室や机を使いやすいように、きれいに使おうという指導があるかと思います。
上の写真は、お道具箱を実物投影機「みエルモん」で映した事例です。
ただこれだけのことですが、お道具箱にどんなものを入れるのか、どんな風に入れたら使いやすく、きれいに入れられるのか、そんなことを簡単に確実に伝えることができます。
ちょっとした使い方ですが、効果の大きい使い方です。
ぜひ、ためしてみてください。
【事例提供:静岡県K先生より】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>