楽譜の階名を大きく映すだけで

小学3年、音楽の事例です。
 リコーダーの学習をする時に、楽譜に階名を書いた資料を
 実物投影機で大きく映しておきました。
 たったこれだけのことですが、楽譜が読めない子どもは、
 映っている階名を見ながら間違うことなく自分の楽譜に
 書き込むことができした。
 (写真をクリックすると大きくなります。) 
また、前を見ながらリコーダーの練習ができ、姿勢もよくなるという効果もありました。
今までは、毎回授業ごとに黒板に階名を書いていたので、とても時間短縮になり、その分練習時間を増やすこともできました。
【事例提供:神奈川県M先生より】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>