心のノート

小学4年、道徳の事例です。
心のノート道徳の時間に活用する「心のノート」には、自分のめあてや気持ちを書き込んだり、定期的に自己評価したことをチェックする項目などがたくさんあります。
そのため子どもたちも、どこに何を書くのか混乱しがちです。
そんなときは、「心のノート」をそのまま大きく実物投影機で映して、全員で確認します。
子どもが迷っている姿を見つけたときすぐに対応できるのが、実物投影機の便利なところです。
【事例提供:東京都H先生より】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>