視写のときの机の上

小学1年、国語の時間の事例です。
国語の時間に、教科書の文を視写することがあります。
文字の練習だけではなく、文章を書くという練習にもなり大切です。
視写するときは、教科書を見やすい位置に置き、ノートも書きやすいように教科書のすぐとなりに並べるとやりやすくなります。
その説明をするのに、机の上を実物投影機「みエルモん」で映しました。
写真のように見せることで、机の上にどんなふうに教科書やノート(ドリル)を置くと書きやすいのかを確認できました。
言葉で説明するのは難しくても、実物投影機を使えばすぐに伝わることを実感した場面です。
【事例提供:静岡県M先生より】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>