テストの答え合わせ

小学5年、家庭科の事例です。
テストをした後の答え合わせの時には、間違いが多かった問題など、教科書のどこに書いてあるか確認し、学びなおすことはとても大切です。
このことで、子どもたちはしっかりと覚えなおすことができます。
そこで、間違いの多かった問題を、教科書のどこを見ればわかるか確かめるときに、実物投影機を使って教科書を映して説明しました。
小さい文字もはっきり見えるので、ページ全体を映してからそのあとアップにしました。こんな時には、見開きの教科書全体が映せる実物投影機はとても便利です。
見せたい場所が教科書の何カ所かに散らばっている時には、事前にSDカードに撮っておくと便利です。
教科書と同じように、2学期に配ったプリントに書いてあることを確認するときにも実物投影機を使いました。
左の写真は、その時のものです。
プリント全体を映し、そのあと必要なところをアップにして丁寧に説明しました。
このパターンで、5種類くらい提示しました。
テストの答え合わせの時には、実物投影機「みエルモん」は大活躍してくれます。
【事例提供:東京都S先生より】
 「みエルモん」の機能紹介…SDカードに対応
      SDカードへボタンひとつで保存できます☆
 「みエルモん」の機能紹介…A3サイズまで取り込める!
      取り込める画像の範囲はA3サイズもOKです☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>