世界一大きな授業

 4年生の道徳の時間を使って、
 「世界中の子供が教育を受けられることを願って、
 学校に通えない子供たちの今を考える」
 という授業を行いました。
 この授業は、2008年4月23日(水)に世界120カ国で一斉に
 行われるという 「世界一大きな授業」への参加として行いました。日本時間では午後1:00に行いました。この取組は「世界一大きな授業」ということでギネスへの挑戦ともなっています。
この授業では、青空教室での勉強の様子の写真を見ることから始まります。
実物投影機を活用して、クラスみんなで見ることにしました。
写真を見ていろいろなことを発見した子供たちは、世界の子供たちの現状についてまずは「知る」ことの大切さを実感していたようです。
実物投影機で大きく映すことで、クラスみんなでじっくり見ながら考えることができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>