月別アーカイブ: 2009年4月

「みエルモん」お試し貸し出し中☆

3Sサービスを記念して、「みエルモん」の愛称で、子どもたちにも大人気の実物投影機L-1nをお試し貸出しする『ICT教育サポートキャンペーン』のご紹介をさせていただいています。
この機会にぜひご利用ください。
       ★『ICT教育サポートキャンペーン』のご案内はこちらから★

表に答えを書き込む

小学5年、算数の事例です。
割合の学習で、表が示されていて、答えを表に書き込むようになっている問題がありました。
この表を黒板に同じように書くのは大変ですし、書いている時間子どもたちを待たせるのは効率的ではありません。
そこで実物投影機を使って問題を大きく映しました。子どもたちの待ち時間も発生しません。
大きく映した表に答えを直接書き込んで、答えの求め方を確認しました。表に実際に答えを書きこむので、子どもたちも間違うことなく、答え合わせもしやすかったです。
【事例提供:岩手県S先生より】

ノートの書き方

小学3年、理科の事例ですが、どんな教科にも通用する事例です。
新学年になって、子どものノート指導にも力を入れたいところだと思いますが、先生方はどのように指導されているのでしょうか?
ノート指導に実物投影機を活用すると、子どもたちに簡単に間違いなく書き方を伝えることができます。
左の写真は理科のノートの写真です。3年生になってクラス替えがあり、ノートの使い方もそろえて指導したいと思い写真のように実物投影機で大きく映して説明し、指導しました。
子どもたちには確実に伝わります。
【事例提供:東京都K先生より】

本が出版されました☆

実物投影機活用実践プロジェクトのリーダーである堀田龍也先生(玉川大学:准教授)と高橋純先生(富山大学:准教授)の本が出版されました。
タイトルは、『すべての子どもがわかる授業づくり—教室でICTを使おう—』です。
すべての子どもがわかる授業づくり—教室でICTを使おう—本書は、多くの先生方の願いである「すべての子どもにわかる授業づくりをしたい」という想いにお応えできる、すぐに実践できる授業でのアイディアがたくさん詰まっています。
第1部の理論編では、わかる授業のためにICT活用が必要な理由や授業技術の向上のためのICT活用のお話、データから見たICT機器や活用のポイントなどなど、読みごたえのある充実した内容で編集されています。
第2部は、具体的な活用場面が50の項目に分かれて紹介されています。
1つの項目の中で3つの活用場面が写真つきで紹介されているので、「150の活用場面」が紹介されていることになります。
第3部は教室環境編として、ICT機器の配置の工夫や、ちょっとした使い方アイディアを写真つきでわかりやすくまとめてあります。
第4部は、教員研修編です。ここで紹介されている研修プレゼンのデータはHPからダウンロードできるようになっています。
購入のご予約はAmazonからできます。
       こちらからどうぞ

裁縫セットの注文

小学5年、家庭科の事例です。
家庭科で裁縫の授業が始まる準備として、裁縫セットを注文しなければなりません。
裁縫道具を見るの初めての子どもが多いので、授業で必要なものを説明する時に実物投影機を活用しました。
保護者の方へ渡す手紙には、これから授業で必要なものを書き出してあります。
これと合わせて、下の写真のように、実物を見せながら道具の説明も一緒にしました。
「この道具はこういうものですよ。」と実物を手にかざして見せた後、実物投影機の下に置いて大きく映します。手に持って見せるだけでは小さくてよく見えない道具でも、実物投影機で大きく映すことで、後ろの席の子どもにもはっきり確認できます。
糸切りばさみの時には「あっ、それ、知ってる。」の声がでました。
「リッパー」については、を知らない子がほとんどです。そこで、実物投影機で大きく映して詳しく説明しました。
「この部分に刃があります。」と、刃の部分をアップにしました。小さい部分ですがよく見えるので、子どもたちも理解でき、真剣に見ていました。
裁縫セットの注文の説明をしながら、これからはじまる裁縫の授業も楽しみになります。
【事例提供:東京都S先生より】

機能紹介(18) 毎日の授業をサポートする【3S】サービス

学校や教育機関の皆様方に毎日安心して「みエルモん」をお使いいただくための特別保証が
【3S】サービスです。
【3S】サービスのロゴマーク  3年保証 & Speedy Support for Schools
    1.保証期間1年を3年に延長
    2.保証期間中に製品が故障した場合は、
               代替機をお貸出し(無料)
    3.お預かりした製品は、3営業日以内に修理ご返送
「みエルモん」を使って、毎日授業をしていただいている先生方のお手伝いを少しでもさせていただきたいという想いからこの【3S】サービスが生まれました。
この【3S】サービスは事前登録が必要です。事前登録は、こちらからできます。
     http://www.elmo.co.jp/support/3S.html

機能紹介(17) 子どもにも使えるシール付き

子どもたちは、「みエルモん」が大好きです。
先生の説明が今まで以上によくわかるようになるから、
今まで見えなくて諦めていたことがよく見えるから、
お友達の発表が楽しく聞けるから・・・
他にもたくさんの「みエルモん」のいいところを子どもたちから聞かせてもらっています。
そんな子どもたちが大好きな「みエルモん」には、わかりやすい説明が書かれたシールが付いているので、とても使いやすくなっています。
実はこのシール、機械は苦手と思われている先生方にも大人気です。
banner_go2seal.gif

機能紹介(16) 本物に忠実な色再現力

子どもたちは、目から受け取る情報に敏感に反応します。
実物投影機は、教科書や資料集や地図帳など、カラーの資料をそのまま大きく見せられるのでとても便利です。
特に実物投影機L-1n「みエルモん」は、本物に忠実な高い色再現力を持っています。
上の地図の写真のように、地図の赤や青、緑などの色が地図と同じ色合いではっきり映ります。
子どもたちが見て感じている色をそのまま正確に伝えられ、地図帳などの色の違いをしっかり表現できます。

機能紹介(15) 上下移動もスムーズに

「みエルモん」はA3横サイズもA4縦サイズも映せる投影範囲を持っています。
 「みエルモん」の機能紹介…A3サイズまで取り込める!
さらに、A4縦サイズのプリントなどを映すときには、上下移動が本体にぶつからずにスムーズに動かせます。
プリントの下の方に書かれた文字を大きく映したいときに便利です。

機能紹介(14) いろんな角度から映せます

実物投影機L-1n(「みエルモん」)の機能特集を2008年5月にご紹介させていただきました。その続編として、「みエルモん」の得意技のご紹介をさせていただきます。
   1〜13までの機能紹介はこちらからご覧ください。
    …「みエルモん」機能特集…

「みエルモん」のアーム部分は、片手で自由な位置に固定できるフリーストップアームです。
さらに回転できるカメラも搭載しているので、立体物もあらゆる角度から映せます。
カメラを子どもたちに向けて、教室の様子や動きを映すことも簡単です。