日別アーカイブ: 2008年8月1日

言葉遊びの世界

 4年生の国語、言葉遊びの単元での事例です。
 教科書には、言葉遊びの単元として3×3のパズルが
 例として載っていますが、
 子どもたちの発想は豊かで、パズルの例だけでは物足りなく、
 オリジナルのパズルを作りだしていきました。
自分たちで作ったオリジナルのパズルは、ノートや紙に書いていきます。
実物投影機「みエルモん」があれば、そのパズルを大きく映してクラスみんなにクイズとして見せることができます。
上の写真は、自分たちで作ってグループごとにまとめた言葉遊びのパズルを紹介している場面です。
自分たちで作ったクロスワードパズルを大きく拡大して問題を出しています。
実物投影機で映して、ホワイトボードマーカーでスクリーンに書き込むことをいつも授業でしているので、子どもたちも何も言わなくてもスクリーンに答えを書き込んでいきます。自然な形で、自主的に機器を活用することが増えていきました。
子供たちには、「もっともっとやりたい」とせまがれた単元の一つでした。
このような実物投影機を活用した授業を、模擬授業として体験できるセミナーを開催します。ぜひお申し込みください。
 ★実物投影機活用実践セミナーin大阪 8月30日(土)
 ★実物投影機活用実践セミナーin東京 9月13日(土)