月別アーカイブ: 2008年8月

『実物投影機活用実践セミナーin大阪』が開催されました!

 本日、8月30日(土)、大阪市立住まい情報センターで、社団法人日本教育工学振興会(JAPET)主催の情報教育対応教員研修セミナー『実物投影機活用実践セミナー』が開催されました。
 5月に名古屋で開催されたセミナーに続き、2回目の実物投影機を活用したセミナーになります。模擬授業、ポスターセッション風体験展示、パネルディスカッションで構成されたセミナーは、今回も大盛況に終わりました。第1回名古屋でのセミナーの様子はこちらです。
  エルモ社は、本セミナーの協力企業として運営をお手伝いさせていただきました。
 社団法人日本教育工学振興会(JAPET)山口忠厚 専務理事のご挨拶のあと、堀田龍也先生(独立行政法人メディア教育開発センター・准教授)より今回のセミナーの主旨説明をしていただきました。このセミナーが、模擬授業で子どもの気持ちになって、ポスターセッション風体験展示で具体的な活用方法を、それぞれ体験した後に、明確な4つの視点からなるパネルディスカッションが用意され、最後に総括講演という構成になっている意味をお話しいただきました。
プログラム最初の実物投影機による模擬授業では、3人の先生方にご登壇いただきました。

 影山知美先生(岡山県津山市立弥生小学校)による模擬授業は、小学2年生の算数。円の描き方を学習する授業でした。コンパスの持ち方、傾け方、手首の回し方など、口だけでは説明しきれない微妙な動きも実物投影機では大きく映せるため、一斉指導できることがよくわかりました。
 笠原晶子先生(群馬県前橋市立桂萱東小学校)による模擬授業は小学5年生の家庭科。子どもたちが使っている裁縫道具を直接実物投影機で投影して、道具の名前の確認から始まりました。影山先生のコンパスの授業と同じく、子どもたちが使っているものと同じ道具を使って授業を進められるところがわかりやすさのポイントでした。
 さらに、細かくてなかなか見せることができない本縫いと半返し縫い、返し縫いの違いも、実物投影機で投影しながら説明することで一気に解決することもよくわかりました。本縫いと返し縫いの違いが、見た目だけではなく、ほどけにくくて丈夫さにも違いがあることを実演して見せるなど、授業としての工夫も満載でした。
 塩谷京子先生(静岡県静岡市立森下小学校)には、小学5生生の国語の授業として、新聞と物語の違いを新聞記事を直接投影して見せながら説明した後に、一つの写真をもとに会場の参加者と一緒に物語文を作っていきました。和気あいあいと授業が進みながら、投影された写真上にいつの間にか物語文の構成が書き込まれていくという工夫された授業を受けることができました。
 【参加者からの感想】
    ・授業のお手本やヒントをもらえた。
    ・見せる場面や発問、切り返しがとても勉強になった。
    ・授業の流れの中で自然に使うイメージがわかった。
実物投影機の有効な活用事例を見に行こう!では、6名の先生方によるポスターセッション風の体験型展示が行われました。実物投影機と一緒に使うと便利な道具や、投影する教材を先生方がそれぞれ持ち込み、それが実物投影機を使うことでどのように見え、教えられるかを実演していただきました。

 【参加者からの感想】
    ・実際に触ったり映したりすることで便利さがよくわかった。
    ・2学期即実践したいものがたくさんあった。
    ・実践している先生と直接話ができてよかった。
 パネルディスカッション堀田龍也先生による司会で、わかりやすく解説していただきながら進みました。

  毎日実物投影機を使っている様子を、家庭科専科の鈴木恵理子先生(東京都世田谷区立弦巻小学校)からお話いただきました。実物投影機をこの部分で使うと便利という写真には、昨年の秋から使い始めたばかりとは思えないほどたくさんの具体例が集まっていました。
 渡邉光浩先生(宮崎県三股町立勝岡小学校)からは、実物投影機を活用するうえでのちょっとした工夫を「サッと配置する」「活用の効果を高める」という二つの視点からわかりやすく説明いただきました。
 笹川克彦先生(富山県富山市立山室中部小学校)からは、校内で活用を広めるための工夫として、活用イメージを持ってもらうだけでなく、「つなぎ方を学ぶ」「授業での活用を考える」ことをポイントとした校内研修を進めたというお話を聞かせていただきました。
 高橋純先生(富山大学人間発達科学部・准教授)からは、普通教室で、日常的なICT活用として最も使われているのが実物投影機とプロジェクタであることが調査データを基に示されました。
 【参加者からの感想】
    ・普段の様子が伝わってきて臨場感があった。
    ・ITリーダーとして校内でより使ってもらうための場の設定やヒントがうれしかった。
    ・それぞれ立場や話の視点が違う話が聞けてよかった。
    ・使い方だけでなく必要性が感じられる話だった。
    ・学校現場で活用を進める際参考になる内容だった。
  最後に総括講演として堀田龍也先生(独立行政法人
 メディア教育開発センター・准教授)
より
 「本当に必要なことに、貴重な時間を使おう」という
 強いメッセージが伝わるお話をしていただきました。
 今日のセミナーの中で、実物投影機によって効率よく
 わかりやすく授業ができると体験した受講者にとって、
本当に納得のいく講演でした。
【参加者からの感想】
    ・元気をもらえました。
    ・本校からもっと連れてくればよかった。
    ・構える必要はない、今までの授業のワンポイントとして使っていけばよいと、
     安心できました。
    ・セミナー構成がよく考えられていてイメージを広げられた。
 次回のセミナーは 9月13日(土)に東京で開催されます。
 詳細はこちらから  ★実物投影機活用実践セミナーin東京 9月13日(土)

「教育情報化総合支援モデル事業」の採択結果

文部科学省での教育の情報化に向けての事業のひとつである「教育情報化総合支援モデル事業」の採択結果が公表されました。
  「教育情報化総合支援モデル事業」についてはこちらをご覧ください。
8件の応募の中から採択されたのは、群馬県教育委員会、兵庫県教育委員会、半田市教育委員会、西宮市教育委員会の5件でした。
教育CIOの位置づけやICT支援員の導入などの研究を通して、学校でのICT活用が今後どのように進んでいくのか、興味が持たれるところです。
公表内容はこちらです。

筆ペンの文字

 書写の授業では、大きな字の学習ばかりではなく
 小さな字も学習もあります。
 実物投影機「みエルモん」は、小さい文字も
 きれいに映るので、小筆や筆ペンの指導も
 簡単にできます。
 左の写真は、筆ペンで仮名を書くところを大きく映して
 説明している様子です。
仮名文字は、筆の運びや流れを見せながら説明したい ところですが、実物投影機を使うとそれが実現できます。
 細かい筆づかいも大きく示すことができるため、
 学習の幅が広がり、仮名や実用書も気軽に
 学習させることができるようになりました。
 左の写真は、行書に調和する仮名の練習をしているところです。
 クラス全体で練習するときに、手の動きのモデルとして、
 生徒を指名して前に出して映しながら練習しました。
 中学3年生の書写の時間の事例でした。
 「みエルモん」の機能紹介…41.6倍ズーム
      小さな文字でもくっきり大きく映せます。
このような実物投影機を活用した授業を、模擬授業として体験できるセミナーを開催します。
ぜひお申し込みください。
 ★実物投影機活用実践セミナーin大阪 8月30日(土)
 ★実物投影機活用実践セミナーin東京 9月13日(土)

考え方を振り返る

 小学5年生の算数、分数の引き算の学習での
 場面です。
 実物投影機「みエルモん」を使って、
 分数の引き算の考え方を図に表した子どものノートを
 SDカードに保存しておきました。
この保存しておいたノートの画像を、授業の振り返りの部分で活用しました。SDカードにノートを保存しておくと、子どもの学習の跡が残り、授業の終末で振り返ることができるので便利です。
ちょっとした工夫として、保存するときにノートのページに子どもの名前を書いておくと、後からどの子のノートかすぐに探せます。
実物投影機「みエルモん」は、ボタンひとつでSDカードにノートなどを画像として保存することができます。
 「みエルモん」の機能紹介…SDカードに対応
      残しておきたい情報は、SDカードへボタンひとつで保存できます。
このような実物投影機を活用した授業を、模擬授業として体験できるセミナーを開催します。
ぜひお申し込みください。
 ★実物投影機活用実践セミナーin大阪 8月30日(土)
 ★実物投影機活用実践セミナーin東京 9月13日(土)

おもいでアルバム

 小学2年生の生活科で
 自分の小さいころの写真を紹介するときに
 実物投影機を活用しました。
 左の写真は、家から持ってきた写真を
 実物投影機で大きく映し、その写真のエピソードを
 クラスのみんなに伝えているところです。
クラスみんなで一枚の写真を共有しながら、自分の小さい頃と似ているところや、違うところを考えながら学習をすすめました。
クラスのみんなの前で発表することは、子どもにとってはとても緊張することです。
それでも、発表する場を繰り返し用意していくことで、子どもたちも少しずつ慣れていきます。
国語の学習指導要領でも、低学年から「話すこと・聞くことの能力を育てる」ために必要な学習内容が記載されています。
そのひとつに、以下のような記載があります。
  ・身近なことや経験したことなどから話題を決め,必要な事柄を思い出すこと。
みんなの前で話すときに最初に必要なことは、何を話すかといことになりますが、この事例のように写真を実際に用意して見せながら話すという設定だと、何を話すかを決めやすくなるので、子どもはとても話しやすくなるようです。
実物投影機を使えば、子どもたちが持ってきたものをそのまま映すだけですむので、すぐに発表を始められます。
以前に同じ2年生の単元で、クイズ形式で小さい頃の写真を紹介した事例がありました。
   小さい頃の私(小学2年:生活科の事例)
どちらの事例も、写真をそのまま授業に使えるところが、実物投影機の使いやすいところのようです。
このような実物投影機を活用した授業を、模擬授業として体験できるセミナーを開催します。
ぜひお申し込みください。
 ★実物投影機活用実践セミナーin大阪 8月30日(土)
 ★実物投影機活用実践セミナーin東京 9月13日(土)

ぞうきん作り

ぞうきん作りの投影画像 小学校6年生の家庭科の授業で、
 初めてのミシンでのぞうきん作りに挑戦したときにも、
 実物投影機が活躍しました。
 タオルからぞうきんを作るのですが、
 最初はタオルのたたみ方から説明が必要です。
実物投影機「みエルモん」があるので、机にタオルを置いたままたたみ方を説明できました。
実物投影機がなかった頃は、タオルを胸の上に広げてたたんで見せたり、黒板にタオルを磁石で貼り付けてたたんで見せたりしましたが、持ち上げたままたたみ方を見せるのは大変でした。
平らな机の上に置いた状態で説明できるだけで、子どもたちも同じようにたたみながら確認でき「ああ、そうか!」と混乱もなく作業が進みました。
どんなに簡単に思えることでも、子どもたちにとっては初めてのこと。はじめの一歩を踏み出すのには、勇気がいるようです。実物投影機「みエルモん」は、その勇気をひと押ししてくれる道具になってくれていました。
このとき作ったぞうきんは、卒業する6年生から在校生へのプレゼントになりました。

第2フェーズ 第3回 実物投影機活用実践プロジェクト会議

8月10日(日)第3回 実物投影機活用実践プロジェクト会議が開催されました。
この『実物投影機活用実践プロジェクト』は、独立行政法人メディア教育開発センター 准教授 堀田龍也先生との産学連携研究プロジェクトです。
   第1回の会議の様子はこちらです。
エルモ社は事務局として、このプロジェクトのお手伝いをさせていただいています。
今回も、実物投影機を活用した模擬授業を3名の先生方にしていただきました。どの授業もとてもインパクトがあり、楽しくてしっかり学べる内容でした。そして、実物投影機のよさが活かされた工夫のある授業ばかりでした。
次に、実物投影機を使って、毎日活用している様子や、工夫していること、校内でどのように広めていったかなどについて、3名の先生に発表していただきました。
最後は富山大学人間発達科学部 准教授の高橋純先生から、教室のICT機器がどのように配置され使われているのか調査された結果を報告いただきました。

これらの発表内容は、9月13日(土)に開催される東京での実物投影機活用実践セミナーで披露されることになります。
今年度のこのセミナーは、9月13日の東京セミナーが最後になります。第2フェーズ実物投影機活用実践プロジェクトも、このセミナーが終わったら解散です。
たくさんの実践をされている先生方と、第2フェーズのプロジェクトを振り返りながら楽しいランチをしました。実物投影機「みエルモん」が、教室でどんなに必要な存在かというお話もたくさんお聞きできました。
事務局としては、先生方に必要とされ愛される「みエルモん」の活用をさらに多くの方々にわかっていただけるように、先生方からいただいたたくさんの実践をニコニコ45分やHOT Educationを通して紹介させていただきたいと思いました。
『授業をもっと楽しくするためのお役立ちマガジン HOT Education』は、第3号までが発行されています。

分数の復習

 算数の学習では、昨日までに学習した内容を
 しっかり理解できているかどうかによって
 次の学習にスムーズに進めるかが違ってきます。
 子どもたちによっては、前の授業で学習した絶対必要な
 確認事項を覚えることが難しく、すぐに忘れてしまったり
 わからなくなってしまう場合があります。
このような場合には、教科書をすぐに開くことも難しい場合が多く、復習するだけでたくさんの時間がとられてしまうこともよくあるものです。
上の写真は、小学4年生の算数で、分数の復習をした時のものです。
真分数・帯分数・仮分数を忘れてしまっている子どもがいたので、予めSDカードに保存しておいた教科書の説明の部分を映して、一緒に確認しました。
実物投影機「みエルモん」では、ボタン一つで必要な画像をSDカードに保存できます。
以前の学習を忘れてしまっているという時に、復習が簡単にできるように、教科書のポイントになる言葉に付箋紙をつけたものと、つけていないものをSDカードに保存しておきました。
こうすると、必要なときにいつでもすぐに見せて復習が何度でもできます。
このような実物投影機を活用した授業を、模擬授業として体験できるセミナーを開催します。ぜひお申し込みください。
 ★実物投影機活用実践セミナーin大阪 8月30日(土)
 ★実物投影機活用実践セミナーin東京 9月13日(土)

学校における教育の情報化の実態等に関する調査結果

平成19年度「学校における教育の情報化の実態等に関する調査結果」【速報値】が公表されました。
文部科学省では、毎年、「教育の情報化」に関して、地域ごとにどの程度目標達成できているかを把握するために「学校における教育の情報化の実態等に関する調査」を実施しています。
この調査は、各年度末時点でのコンピュータや校内LAN、周辺機器などの整備状況や、教員のICT活用の状況などについて、全国の学校を対象に調査するものです。
国としては、平成22年度末までの学校のICT環境整備の目標達成を「IT新改革戦略」で示しています。
「IT新改革戦略」には、コンピュータ室だけでなく、普通教室や特別教室のコンピュータ整備や、校内LANの整備についての目標達成が示されています。
この目標が達成されるよう整備が進めば、コンピュータ室だけでなく、普通教室や特別教室でもインターネットに接続して、授業に必要な教材をダウンロードしたり、教材を共有したりすることができるようになります。日常的にICT環境を活かした授業を行うことができます。
先ずは、自分たちの地域がどの程度整備が進んでいるのか、このような調査結果をもとに把握してみませんか。

空気てっぽうに名前を書く

空気てっぽうの説明 4年生の理科の授業で、空気と水の実験道具として
 「空気てっぽう」を用意しました。
 一人一人の子どもが同じ道具を持つので、なくならないように
 名前を書いておく指導も、実験をスムーズに進めるためには
 大切なことです。
けれどちょっと複雑な道具だと、どこに名前を書いたらよいか、どの部分に書いたらよいかなど、子どもたちに伝えることはなかなか難しいものです。
そこで、上の写真のように、子どもたちに配布した道具をそのまま実物投影機「みエルモん」でマグネットスクリーンに映しました。
   マグネットスクリーンは、スクリーンの裏が磁石になっているので黒板に貼り付ける
   ことができます。さらに、水性ペンでスクリーンに直接書き込むこともできます。
   (詳しくはこちら「マグネットスクリーンとは」をご覧ください)
映した実験道具の部品それぞれに、スクリーンの上から番号を書いて、「名前を書く部品」と「全部で何カ所に書くのか」を説明しました。
子どもたちは自分たちで道具を確認しながら、「質問なし」で名前を書き込むことができました。そのため、素早く次の活動に入ることができました。
このような実物投影機を活用した授業を、模擬授業として体験できるセミナーを開催します。ぜひお申し込みください。
 ★実物投影機活用実践セミナーin大阪 8月30日(土)
 ★実物投影機活用実践セミナーin東京 9月13日(土)