日別アーカイブ: 2008年7月31日

『実物投影機から始めるICT活用』のセミナーをしました

教育ソリューションフェア2008の中で、7月31日(木)12:30から、『実物投影機から始めるICT活用』をテーマにセミナーをさせていただきました。
これは、堀田龍也先生(メディア教育開発センター:准教授)のコーディネートによる「これからのICT教育のゆくえ」の分科会の一つのセミナーでした。
ご登壇いただいたのは、小谷田照代先生(静岡県沼津市立大平小学校:教諭)と望月純子先生(和歌山県和歌山市立四箇郷小学校:教諭)の2名の先生方です。

小谷田先生は、「さる・るるる」(五味太郎 作/画)の絵本を実物投影機で大きく映し、付箋を使いながら一緒に読んでいき、最後にわからない言葉を国語辞典で調べるという国語の学習の模擬授業をしてくださいました。
実物投影機がない時には、このような授業は事前の準備が大変だったそうです。
今では、カラーの本のまま見せられるようになり、準備も簡単で、子どもたちも喜ぶ授業の一つになっているようです。国語辞典の使い方では、言葉の引き方だけでなく、「つめ」や「はしら」などの用語の学習もわかりやすく、国語辞典に興味を持つ子どもが増えるのではないかと思える授業展開でした。
望月先生は、実物投影機を使った授業の様子をたくさんの写真で紹介してくださいました。実物投影機を使い始めたのは、昨年の秋。けれど、すでにこれだけ活用しているという様子に参加者のみなさまは驚かれていました。
「もう、実物投影機がない頃のことは忘れてしまいました。」という望月先生の言葉にはとても実感がこもっていました。
お二人とも、ICT活用は今まで不慣れで使ったことがないというICT活用初心者先生。
それでも、短い期間でこれだけの活用ができるようになっているということは、実物投影機がいかにICT初心者の先生方にも使いやすいかということを証明しているようでした。
最後に、エルモ社からは実物投影機「みエルモん」の魅力のご紹介を少しだけさせていただきました。
セミナーに参加してくださった先生方、どうもありがとうございました。
このような実物投影機を活用したセミナーを、以下のように開催いたします。
ぜひお申し込みください。
 ★実物投影機活用実践セミナーin大阪 8月30日(土)
 ★実物投影機活用実践セミナーin東京 9月13日(土)