日別アーカイブ: 2008年6月20日

教育ソリューションフェア2008に参加します★

今年の夏も、各地で様々な研修会やセミナーが開催されるようですが、
実物投影機活用実践プロジェクトとしても、日本教育新聞社主催の教育ソリューションフェア2008に参加することになりました。
教育ソリューションフェアは7月30日(水)、31日(木)の二日間開催されますが、
実物投影機を活用した授業のご提案をさせていただくのは、2日目の7月31日(木)の
分科会2 ICT教育セミナー の枠の中
でのセミナーになります。ぜひお申し込みください。 
   教育ソリューションフェア2008 7月31日の詳細プログラムはこちら→7月31日プログラム
   お申し込みはこちらから→教育ソリューションフェアお申し込み
2008年7月31日(木) 12:30〜16:20
 分科会2 ICT教育セミナー 「これからのICT教育のゆくえ(2日目)」

  コーディネーター 堀田龍也先生(メディア教育開発センター准教授)
   
   「実物投影機から始めるICT活用」
     ご登壇いただくのは、小谷田照代先生(静岡県沼津市立大平小学校教諭)と
     望月純子先生(和歌山市立四箇郷小学校教諭)です。
     小谷田先生には、実物投影機を活用した模擬授業をしていただきます。
     実物投影機が授業の中で、どのように使われているのか、またその効果を子どもの
     気持ちになって体験できます。
     望月先生には、日常的に実物投影機を活用している様子を、たくさんの写真と一緒に
     お話いただきます。
     実物投影機活用実践プロジェクトの事務局からも、すべての教科で活用することが
     できる「みエルモん」の魅力を、全国の先生方から届いている5000件以上の事例の
     中から、ご紹介させていただく予定です。
このセミナーの枠では、実物投影機の活用以外にこちらのセミナーも予定されています。
     「フラッシュ型教材で楽しく身につく『小学校英語』」
        神林裕子先生(北海道札幌市立屯田南小学校教諭)
     「黒板が変われば授業が変わる」
        石井良先生(東海大学付属高輪台高等学校・中等部教諭)
     「情報モラル指導で、今大切なこと」
        西田光昭先生(千葉県柏市立田中小学校教頭)
         −教育ソリューションフェア2008・第1ステージ概要−
    【日時】2008年7月30日(水)・31日(木) 9:30-16:45(受付開始は9:00から)
    【会場】秋葉原ダイビル 東京都千代田区外神田1-18-1
    【主催】日本教育新聞社
    【後援】文部科学省、全国都道府県教育委員会連合会、東京都教育委員会
    【参加費】1日あたり2,000円(ただし資料代として)
★当日は展示ブースで実際に「みエルモん」に触っていただくことができます。
 Hot Education(1号、2号、3号)も無料で配布させていただきます。
 ぜひたくさんの方々のご参加をお待ちしています。
   お申し込みはこちらから→教育ソリューションフェアお申し込み