月別アーカイブ: 2007年10月

数直線

4年 算数 「数直線」

数直線を拡大することによって、今まで拡大印刷していた数直線が必要なくなりました。
一メモリが何を表すかもよくわかりました。

数直線は、単位が変わるだけで子どもが混乱し、まちがえます。
必ず、一メモリの数と単位を確認するようにしました。手をあげる子も増えてきました。

手話で歌おう

2年 音楽 「手話で歌おう」

世界中の子どもたちの手話を教えます。
やり方の説明の図を見せながら、実際にやって教えました。


みんな手話をしっかり覚えました。
自分たちの姿を見せたり、覚えにくいところは説明の図を見せたりして、歌いながら。
帰りの会にも、やりたいと歌いました。すごく気に入ったようです。
新しいことを教えるときにも便利です。

朝の会で・・・

5年 学活(朝の会)『デジカメ写真の紹介』

朝会の時間に、児童が自宅で飼っている小動物を紹介してもらいました。
4年 朝の会 『毎月の学年だよりを配布する時も・・・』

9月の予定を確認。今月の生活に見通しをもたせる。
今回は敬老会出演の申込書もついていたので、学年だよりは特に説明する必要性があった。
大事な行事には赤ラインを入れていく。
かかる時間もほんのわずか。
朝の会 『小さなものが大きく見える!』

当番がお気に入りのものを提示。
今日は特に小さい石たちを提示。
小さなものが大きく写る!これが基本です。

朝の会でのスピーチ

6年 朝の会 「日直のスピーチ」

朝の会で日直が「ためになるスピーチ」を行う際、自分の紹介する本を提示。
どの席からもハッキリ見えるため、みんなが注目した。
6年 朝の会 「朝の会のスピーチ」

日直のスピーチで毎日使っています。
この子はもともと話上手。
今回「月の満ち欠けと犯罪」について、本のグラフを指し示しながら
両者の関連を説明したり自分の考えを発表したりしたため、
いつも以上にクラスの友達から「わかりやすい」と賞賛された。
やはり視覚に訴える力はスゴイと思いました。
4年 朝の会 「朝の会のスピーチで」

当番がお気に入りの物を紹介。
卓球ラケットでも、投影することで細かいところまで観察。
やっぱり話す力もついてくることを実感。

ヘチマの雄花と雌花

5年 理科 「ヘチマの雄花」

ヘチマの雄花を拡大して見せました。
学校で雌花ができていなかったのですが4年生の学習を思い出し、
これから花から実になる様子を観察する意欲をもてました。
5年 理科 「雄花と雌花」

雄花と雌花の違いを比べてみるために教科書を写しました。
児童一人一人が自分の教科書を見るのではなくみんなで同じ画面を見ることで
とてもいい雰囲気で学習できたと思います。

ポケットティッシュ入れ

5年 家庭科 「ポケットティッシュ入れ」

裏から見ると両わきを二本ぬってあるだけですね。

型紙にあわせて布をたたみましょう。折り返したところは指アイロン。

中央の重なった部分にまち針を打ちましょう。(もっとアップにできそうですね。充分見えたので気になりませんでした。)

型紙がポケットティッシュをどう包み込むためのものか、写し出しました。

簡単!フラッシュ教材

4年 国語 「フラッシュカード」

輪郭漢字カードを拡大し、一枚ずつめくってフラッシュカードのようにしました。
身近な野菜、動物、自然に関する漢字の後ろにイラストも書いてあるので、
習っていない字も読めます。後ろの子もしっかりと見えるので集中します。
1年 算数 「ひきざん」

繰り下がりのあるひきざんのカードを大きく写し、フラッシュカードのように、
全員または一人ずつ次々に答えを言っていく。
めくると裏の答えがすぐに写って見えるところが便利。

電流と磁界の学習

中学2年 理科 『コイル』  

磁界の学習で、100回巻きのコイルを作成し、磁界の強弱を学習。
10回より100回巻きの方が磁界がより強くなることをはっきり示すことが出来た。
中学2年 理科 『磁界』  

電流と磁界の学習。
向きを示すための小物やメモリ、細かい鉄粉まで大きく映ると説明がしやすく、生徒もよく理解できる。