自作絵本の読み聞かせ

小学3年、特別活動での事例です。
 朝の会の時に、読み聞かせ係が自作絵本の
 読み聞かせを行いました。
 自分たちが描いた絵本を読み聞かせるということで
 いつも以上に張り切っていました。
 毎日実物投影機「みエルモん」を使っているので
迷わずにこの日も実物投影機をセッティングして、カメラの下に、自分たちが作った絵本を置きました。
B6サイズの小さな絵本でしたが、実物投影機で大きく見せることで、作った子どもも、それを見る子どもも、とてもうれしそうでした。
特に、子どもが描いたイラストをみんなで見ながら話を聞くことができたところがよかったようです。
【事例提供:富山県S先生より】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です