二つの塔

小学5年、道徳の事例です。
 道徳の導入部分では、
 写真や絵などを映すことがとても多いです。
 話し合ったり、考えたりをじっくりしたい時、
 その場面をイメージするのに必要だからです。
 左の写真は、薬師寺の塔の写真を
 大きく映しているものです。
この時間では、薬師寺の塔を新しく創った人の話が題材でした。
どっちが新しい塔かを話したりしながら、子どもたちの関心を高めることができました。
【事例提供:埼玉県N先生より】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です