平成22年度の教育の情報化の実態等に関する調査結果

文部科学省より、平成22年度の『学校における教育の情報化の実態等に関する調査結果』が発表されました。
この調査は毎年実施されるもので、今回の結果は平成23年3月1日に実施されたものです。
速報値については、7月に公表されていて、ニコニコ45分でも紹介させていただきました。
   ★ニコニコ45分:学校における教育の情報化に関する調査結果【速報値】
今回発表になった調査結果は、前回の速報値では見ることができなかった実物投影機を含める周辺機器の台数がわかります。
また今年度から新しく、グループウェアや校務支援システム、デジタル教科書等の整備状況、そして学校ICOの設置状況の調査も行い、その結果も公表されています。
これらの整備状況と合わせて、教員のICT活用指導力を見ていくと、各地域での教育の情報化への取り組み度合いが見えてきて興味深いです。
平成22年度の『学校における教育の情報化の実態等に関する調査結果』はこちらからご覧いただけます。
   ☆平成22年度(2010年度)『学校における教育の情報化の実態等に関する調査結果』
      (※政府統計の総合窓口のウェブサイトへリンク)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です