しろくまのジェンカ

小学1年、音楽の事例です。
しろくまのジェンカのリズムをとる練習で、歌に合わせて、教科書の挿絵のしろくまをリズムよく指で一つずつ押さえる活動をしました。
子どもによっては、うまくついていけない子もいたのですが、上手にできていた子の動きを実物投影機で大きく映してお手本にしました。
そうしたら、なかなかリズムに合わせてできなかった子も、リズムよくしろくまの絵を押さえることができるようになりました。
実物投影機「みエルモん」では、指の動きがきれいにみえるし、実際の動きとの映像のずれがないので、リズムを合わせるのも問題なくできました。
【事例提供:静岡県M先生より】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です