最後の「学校教育の情報化に関する懇談会」の開催

4月15日に文部科学省で学校教育の情報化に関する懇談会(第12回)が開催されました。
この懇談会は、今後の学校教育(初等中等教育段階)の情報化に関する総合的な推進方策について有識者等との意見交換等を行うために設置され、今回が最終回になりました。
議論の中心は「教育の情報化ビジョン」についてでした。
「教育の情報化ビジョン」については、昨年夏に懇談会の中で3つのワーキンググループが設置され(教員支援、情報活用能力、デジタル教科書・教材・情報端末)議論を深めまとめられたものを、文部科学省のHPである『熟議カケアイ』で多くの議論が交わされました。
   ☆熟議カケアイ:「教育の情報化ビジョン」の検討にご参画ください!
     (熟議カケアイのページへリンク)
15日の第12回懇談会では、それらを踏まえて作成された「教育の情報化ビジョン(案)」をもとに話し合われました。
この中では、デジタル教科書への定義もかなり具体的に記されています。
この日参考資料として提出された「教育の情報化ビジョン(案)」はこちらからご覧いただけます。懇談会の動画も配信されています。
   ☆熟議ライブラリ 学校教育の情報化に関する懇談会(第12回)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です