漢字の豆知識

小学4年、国語の事例です。(写真はクリックすると大きくなります)
漢字の学習のときには、いつも漢字ドリルを実物投影機「みエルモん」で大きく映して説明します。
特に書き順を間違えやすい感じは、左の写真のように大きく映し、書き順を書きこみしっかり確認します。
子どもたちには一画ずつノートに書かせながら、定着させます。
大きく映すことで、クラスみんなで一度に説明できます。
準備も漢字ドリルだけでよいので、簡単にできます。
子どもに興味を持ってもらいたい場合は、漢字のなりたちなどを補足します。
左の写真は、「貝」のつく字を説明した時のものです。
子どもたちから、たくさん貝のつく字が出され、板書しました。
すると子どもたちから「貝がつくと、お金に関係があるみたい」という意見が出ました。
そこで、手元にあった漢字のなりたち辞典を「みエルモん」で大きく映しました。
クラスみんなで辞典を見ることができ、確認できました。
これで、みんな納得できます。
これを見せたいと、思いついたときにすぐに大きく見せられる「みエルモん」は、とても便利です。
【事例提供:東京都H先生より】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です