わかる・できる授業づくりにICT活用を! パンフのご紹介

文部科学省「教育の情報化に関する手引」の、第3章 教科指導におけるICT活用について、活用している授業の写真やイラストを使ってわかりやすくまとめられた大好評のパンフレットが、財団法人パナソニック教育財団のHPからダウンロードできるようになりました。
「わかる・できる授業づくりにICT活用を!」のパンフレットは、パナソニック教育財団の先導的実践研究助成『文部科学省「教育の情報化に関する手引」に準拠した実践普及型「教科指導におけるICT活用パンフレット」の開発』によって作成されたものです。
 「教育の情報化に関する手引」については、こちらの記事をご覧ください。
  「教育の情報化に関する手引」が公表されました
このパンフレットには、ICT活用のポイントが、とても具体的にわかりやすくまとめられています。
すでにたくさんの教育委員会や学校から申し込みがあり、増刷もしたそうですが、申し込み多数のためすぐになくなってしまった話題のパンフレットです。
このパンフレットの15ページには、教科指導で活用するICT機器の紹介が記載されています。
ここでは、ICT機器を、「映す内容」と「大きく映す機器」の二つに分類しています。
   ●映す内容   :実物投影機で教科書を
              教科書準拠のデジタルコンテンツを
              デジタルテレビ放送を
              デジカメで撮影した映像を
              プレゼンテーションソフトによる教材を
       ⇒実物投影機、デジカメ、パソコンを使って
   ●大きく映す機器:プロジェクタで大きく映す
              電子黒板で大きく映す
              大型ディスプレイで大きく映す
       ⇒プロジェクタ、電子黒板、大型ディスプレイを使って
この分類によると、実物投影機は、「映す内容」として活用される機器になります。大きく映す機器が整備された学校では、次は何を映すかが重要になってきます。
わかりやすい授業を実現するための「映す内容」についての研究や話し合いが今後増え、そのひとつのツールとして実物投影機の活用も広がっていくのではないかと思います。
このパンフレットは、こちらから簡単なアンケートに答えるだけでダウンロードができるようになっています。
ぜひ一度ご覧いただけたらと思います。
「わかる・できる授業づくりにICT活用を!」ダウンロードページはこちら
(財団法人パナソニック教育財団のHP)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です