日本の略図を書く方法

小学5年、社会の事例です。
暖流と寒流を書かせるためにノートに日本地図を書かせる必要が出ました。
そこで地図帳を実物投影機で大きく映しました。
そのあと、
「15秒で書く方法を教えます」
と言って、マグネットスクリーンに映した地図に、北海道・本州・四国・九州・沖縄と特徴を教えながら略図を書き込みました。
もとの日本全図が映っているので、子どもたちもすぐ理解できました。
実物投影機で映すときのポイントは、日本全体が映っている地図を選んで、スクリーンの上で書き込みしやすいような大きさにズームしておくことです。
【事例提供:岩手県S先生より】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です