『すべての子どもがわかる授業づくり』のご紹介

実物投影機活用実践プロジェクトのリーダーである堀田龍也先生(玉川大学:准教授)と高橋純先生(富山大学:准教授)の本が出版されました。
タイトルは、『すべての子どもがわかる授業づくり—教室でICTを使おう—』です。
すべての子どもがわかる授業づくり—教室でICTを使おう—本書は、多くの先生方の願いである「すべての子どもにわかる授業づくりをしたい」という想いにお応えできる、すぐに実践できる授業でのアイディアがたくさん詰まっています。
具体的な活用場面のご紹介だけではなく、「第4章の教員研修編」で紹介されているICT機器の体験型教員研修を実施するためのプレゼンテーションスライドがダウンロードできるようになっています。
研修用プレゼンテーションスライドのダウンロードはこちらからできます。
        研修用プレゼンテーションスライドのダウンロードページへ

2 thoughts on “『すべての子どもがわかる授業づくり』のご紹介

  1. 神林

    先日、校内の研修でこの研修用のプレゼンテーションスライドを活用させていただきました。大事な点を落とさずに、すぐに使えるこの研修用のプレゼンテーションスライド。とても助かりました。ありがとうございました。

  2. ニコニコ

    神林先生、コメントありがとうございます。
    校内研修でさっそく活用してくださったとのこと、とてもうれしいです。ありがとうございます。今後も先生方に活用を広げていただけるようなご提案を考えていきたいと思っています。よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です