できあがりのイメージを持たせる

小学2年、図工の事例です。
3月3日のひな祭りに向けて、おひな様を折り紙で作りました。
作る前に、下の写真のようにできあがった物を実物投影機で見せました。
こうすることで、これからどんな作品を作っていくのかイメージを持たせることができます。

できあがりのイメージを持つことができた子どもたちは、作り方がわかると、子どもそれぞれにアレンジしながら作っていくことができます。

それぞれの子どもたちの、個性豊かなステキなおひな様ができました。
【事例提供:千葉県A先生より】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です