体積

小学6年、算数の事例です。
いろいろな立体の体積を求める学習場面では、写真のように少し複雑な図形を使うことが多くなります。面積の学習よりも、立体的になる分、図形が複雑になります。
複雑になる分、口だけで説明するのは難しく、また、図形を黒板に書くのも難しくなります。
このようなときには、実物投影機で教科書の図を大きく映します。スクリーン上の図に数字を書き込みながら子どもの考えを発表させました。
子どもたちの手元にある立体と同じ図を使って説明するので、とても効率的に仲間の考えを理解・共有することができました。
【事例提供:宮城県M先生より】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です