国語のノートの書き方を知る

小学1年、国語の事例です。
ノートをきれいにきちんと書けるようにすることは、学習を始める最初の一歩につながります。

ノート指導は、1年生から大切な学習のポイントになりますが、どのように書いたらよいかどの子どもにもわかるように説明するのは難しいことです。
このようなときには、実物投影機を使ってノートを映し、見せながら説明する方法が一番わかりやすいです。
マスや行について理解させる。濁る音の書き方を知る。一つ一つの積み重ねです。
映すときに、教科書とノートを重ねて、両方を同時に映すようにすると、比べながら見られるのでさらにわかりやすくなります。
【事例提供:千葉県A先生より】
 「みエルモん」の機能紹介…A3サイズまで取り込める!
      取り込める画像の範囲はA3サイズもOKなので、
         ノートと教科書を組み合わせて同時に映せます☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です