授業レポート 登米市立北方小学校へ行ってきました⑤

【小学4年生、社会】
4年生の社会の授業も見学させていただきました。
授業の始まりは、フラッシュ教材を使った授業でした。
「色がぬってある都道府県の名前を大きな声で言いましょう!」
という内容でしたが、どの子も元気に都道府県の名前を
言えていました。
他には、「季節がかくれている都道府県は?」「人の体がかくれている都道府県は?」「果物がかくれている都道府県は?」
という楽しいクイズ形式のフラッシュ教材もあり、子どもたちが地名について知りたいという気持ちが高まっている様子が伝わってきた授業の導入場面でした。
そこで、地図帳の学習に入りました。
まずは自分たちの住んでいる岩手県内の地名について
探します。
見つけた地名が地図帳のどこにあるか、みんなの前で説明するときには実物投影機が大活躍していました。
地図の小さな文字も線もはっきり映っています。
次は、先生が夏休みに出かけたところということで、他県の地名を探すことになりました。
聞いたことがない地名を、何ページもある地図帳からどうやって探したらいいか、子どもたちは友達と相談しながら地図帳のページをめくっていました。
そこで先生から「さくいん」があることを教えてもらいます。
「さくいん」では、ページと列の記号と行の記号が記載されていて、調べたい地名が地図帳のどこにあるのか探すことができるとっても便利なものだということがわかると、「すごーい!」というつぶやきが聞こえてきました。
知らない地名を探すのに苦労した後なので、さくいんの便利さをすぐに理解できた子どもたちは、とても楽しそうに隣の友達と地名を言って探しあいました。

左上の写真は、小さな文字で書かれた「さくいん」の説明部分を実物投影機で大きく映しているところです。
右上の写真は、列と行の記号の見方を説明しているところです。
どちらの説明も地図帳をそのまま映せる実物投影機「みエルモん」が大活躍していました。
授業の終わり間際には、さくいんの使い方をしっかりマスターした子どもから「問題出して遊ぼう〜」というつぶやきが聞こえてきました。「わかる!」ことが子どもたちにとってどんなに楽しいことなのか、見学させていただいたニコニコにもしっかり伝わってくる授業でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です