ぞうきん作り

ぞうきん作りの投影画像 小学校6年生の家庭科の授業で、
 初めてのミシンでのぞうきん作りに挑戦したときにも、
 実物投影機が活躍しました。
 タオルからぞうきんを作るのですが、
 最初はタオルのたたみ方から説明が必要です。
実物投影機「みエルモん」があるので、机にタオルを置いたままたたみ方を説明できました。
実物投影機がなかった頃は、タオルを胸の上に広げてたたんで見せたり、黒板にタオルを磁石で貼り付けてたたんで見せたりしましたが、持ち上げたままたたみ方を見せるのは大変でした。
平らな机の上に置いた状態で説明できるだけで、子どもたちも同じようにたたみながら確認でき「ああ、そうか!」と混乱もなく作業が進みました。
どんなに簡単に思えることでも、子どもたちにとっては初めてのこと。はじめの一歩を踏み出すのには、勇気がいるようです。実物投影機「みエルモん」は、その勇気をひと押ししてくれる道具になってくれていました。
このとき作ったぞうきんは、卒業する6年生から在校生へのプレゼントになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です