写真の焼き増し注文

 直接授業に関係することではなくても、
 言葉では説明しにくいちょっとした指示をするときに、
 実物投影機は活躍します。
 左の写真は、写真の焼き増し注文をするときの
 写真の選び方の説明をしたときのものです。
消防署見学に行き、写真を撮りました。その写真を使って新聞を作成することになりました。何種類かある写真の中から、子どもたちそれぞれが新聞で使う写真を選びます。
自分が使いたい写真の下に書いてある数字に丸印をつけて、名前をかく。
たったこれだけのことでも、小学3年生では、間違えてしまう子どもが出てしまいます。けれど写真の焼き増し注文用紙を直接見せて説明すれば、どの数字に丸印をするのか、どこに名前を書いたらよいか、迷うことはありません。
ちょっとしたことですが、指示が一度にとおり、やり直しがありませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です