順序よく考えてみよう

 今回の事例は、小学校6年生の算数で、表を扱った
 授業のときのものです。
 データを表に表すことのよさをとらえて、
 今まで学習した考え方を活用し、課題解決を図るという
 学習場面で実物投影機を活用しました。
教科書に示された表の空白部分に、数値を記入していきます。
子どもが答えを発表する場面で、教科書の表を実物投影機で大きく投影しました。
スクリーンは、マグネットスクリーンを使いました。
マグネットスクリーンは、投影した画面の上から直接水性ペンで書くことができます。
(詳しくはこちら「マグネットスクリーンとは」をご覧ください)
上の写真は、スクリーンに投影された表に直接答えの数値を記入しているところです。
今までは、黒板に表を予め書いておかなければこのような授業はできませんでした。
実物投影機を使うようになってからは、教科書を映しだすだけでよいので、準備の時間が浮きます。この浮いた時間を個別指導にじっくり充てることができるようになりました。
実物投影機を活用すると、授業の効率化につながります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です