家庭科の授業で活躍

5年 家庭科 「靴下の編み目」

 衣服の学習です。
 いろいろな編み目を拡大して提示しました。これは靴下。
 細かな編み目に改めて子どもたちは驚き、
 自分の靴下を見ていました。

5年 家庭科 「家庭科の作品を拡大して映す」

 波縫いと本返し縫いの出来具合を大きく映し出して確認する。
 友達の縫い方の良い点に目を向けることができた。

5年 家庭科 「材料の注文」

 家庭科のミシンでの作品づくりでは、
 自分の希望する教材の申し込みをします。
 作品の説明や注文の仕方について、
 子どもたちに配る注文袋を映して説明しました。
 後から質問に来る子どもが減りました。
教育研修 「調理計画」

 実物投影機とプロジェクタ活用の教員研修のひとこま。
 実際の授業を想定してワークショップを行った。
 このグループでは、調理実習の手順を説明するときに、
 教科書を拡大投影するという活用法を考えていた。

6年 家庭科 「一食分の献立」

 ワークシートを写し出して、書き方の説明をしました。
 「料理名」と「食品名」の違いを、記入欄を示しながら
 説明することができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です