授業レポート 『立体のかさの表し方を考えよう』

黒板「教室の体積を求めましょう

先生「教室は縦6m、横8m、高さ3mです。それぞれの長さは100分の1にしています」

先生「どういった大きさになるかキューブで考えてみましょう」

児童はキューブ(正方形のブロック)を使って考えます。

先生「カメラがあるから、答えはキューブでも図でも良いよ!」

黒板に生徒が書きます

「3cm×8cm×6cm=144㎥」「6cm×8cm×3cm=144㎥」

先生「この式をキューブを使って説明してください」

先生「上から見るとキューブは8個、横から見ると24個だね」

先生「ということは、8×3×1という立方体が6段あると考えられないかな?」

先生「6×8×3の式も説明してください」

児童がL−1を使って説明します。

先生「横からも見えるから、カメラを傾けてごらん」

小さなキューブが大きく見えます。生徒はL−1を使って自分の考えを説明しました。

<実際に活用された先生のご感想>

  • 小さな立方体を大きく拡大し、上から横から見せ、体積の仕組みを説明することにより、児童も言葉ではない具体的な説明を、正確に理解することが出来ました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です