08_家庭、技術・家庭」カテゴリーアーカイブ

バターをやわらかくするには?

バターを柔らかく 年度の終りに、今までお世話になった先生方に
 子どもたちからプレゼントをすることもあると思います。
 左の写真は、お世話になった先生方へプレゼントする
 クッキーの試作をするため、小学6年生の子どもたちへ指導
 した時にスクリーンに掲示したものです。
 子どもたちに配布したレシピには、「やわらかくしたバターを練る」と書いて
 ありましたが、年度末の3月は寒いので、手元にあるのはとてもかたいバターです。
 どうやってやわらかくするか、ということを「手の温かさで練るといい」と
 伝えるために、実物投影機で2冊の本を投影し、説明しました。
 事前に2冊の本の内容を合わせた資料を作っておくのは大変ですが、
 その場で臨機応変に投影することができる実物投影機は、
 こんなときにもとても便利です。

ご飯の炊き方

5年 家庭科 「ご飯たき」
 ご飯を炊くときの火加減は口で説明してもわかりにくいもの。
 教材研究の際にカメラで火加減と米の様子を写真で取っておき、
 そのSDカードを写して指導します。
 書き込みながらポイントを押さえることで、子どもたちは迷いなく
 実習に取り組みました。

洗い方の表示マークを映す

6年 家庭科 「洗濯の表示」
 洗濯の仕方を学習するときに、
 「自分の着ている服の表示を見ましょう」という指示をすると、
 自分の服や周りの子の分は知ることができる。
 しかし、みんなで共有したいときには・・・。拡大提示をすることで、
 みんなで友達の服の洗濯の仕方を確認することができる。

家庭科の授業で活躍

5年 家庭科 「靴下の編み目」

 衣服の学習です。
 いろいろな編み目を拡大して提示しました。これは靴下。
 細かな編み目に改めて子どもたちは驚き、
 自分の靴下を見ていました。

5年 家庭科 「家庭科の作品を拡大して映す」

 波縫いと本返し縫いの出来具合を大きく映し出して確認する。
 友達の縫い方の良い点に目を向けることができた。

5年 家庭科 「材料の注文」

 家庭科のミシンでの作品づくりでは、
 自分の希望する教材の申し込みをします。
 作品の説明や注文の仕方について、
 子どもたちに配る注文袋を映して説明しました。
 後から質問に来る子どもが減りました。
教育研修 「調理計画」

 実物投影機とプロジェクタ活用の教員研修のひとこま。
 実際の授業を想定してワークショップを行った。
 このグループでは、調理実習の手順を説明するときに、
 教科書を拡大投影するという活用法を考えていた。

6年 家庭科 「一食分の献立」

 ワークシートを写し出して、書き方の説明をしました。
 「料理名」と「食品名」の違いを、記入欄を示しながら
 説明することができました。

お裁縫の学習

5年 家庭科 「玉結び」  
 
 まず先生がやって見せます。糸の先をつまんで・・・

5年 家庭科 「玉どめ」  
 
 児童と同じ練習布を使うと、どこに作ればいいか、
 どのように作ればいいか、簡単にわかります。

5年 家庭科 「ボタンつけ」  
 
 二つ穴ボタンには、糸足をつけます。

縫い方の実演

5年 家庭科 「縫ってみよう」

 漢字の五を縫うときの針の位置を実物を提示して、
 その手順をマグネットスクリーンに書き込んだ。
 同じものが映っていることと、ひと針、ひと針縫う場所を
 確認をしながら進めたので、混乱なく進めることができた。

 説明のときにスクリーンに書き込んだものを残しながら,
 縫い方の実演を行った。
 手順が示されているスクリーン上の板書と,
 実際の操作で縫い方の理解が深まった。

ポケットティッシュ入れ

5年 家庭科 「ポケットティッシュ入れ」

裏から見ると両わきを二本ぬってあるだけですね。

型紙にあわせて布をたたみましょう。折り返したところは指アイロン。

中央の重なった部分にまち針を打ちましょう。(もっとアップにできそうですね。充分見えたので気になりませんでした。)

型紙がポケットティッシュをどう包み込むためのものか、写し出しました。

栄養バランスのよい食事を考えよう

5年 家庭科 『栄養バランスのよい食事を考えよう』

厚生労働省は1日350gの野菜を取ることを進めている。
しかし、1種類の野菜でそれをまかなうのは困難である。
例えばどんな野菜があるかを、市販されている野菜ジュースのパッケージを使って提示した。
これらの野菜の内、1日に実際に食べたものを丸印を付けて確かめると、
たくさんの種類を取るにはかなりの大変なことから、摂取には工夫が必要なことが分かった。

包丁の使い方

包丁の使い方を間違えると大ケガをすることになり危険です。
先生による言葉での説明に、実物投影機で映した映像が
プラスされることで理解しやすくなりますね。

実際に行なわれた授業での事例をご紹介いたします。

5・6年 家庭科 「じゃがいもの皮むき」

070904_1ジャガイモの輪切り、包丁の使い方、左手の添え方など
安全指導+切り方をしっかりと教えることができました。