日別アーカイブ: 2011年8月19日

夏休みの思い出発表

小学3年生、国語の事例です。夏休み明けの事例として、ぜひ実践してみてください。
夏休みが終わってからの国語の授業で、夏休みの思い出やがんばった事などをスピーチすることになりました。
そのときに、実際に自分が作った作品や、持ってきた写真を実物投影機「みエルモん」で大きく映しながらスピーチをしたら、いつもよりたくさんの言葉を使ってスピーチができました。
自分の作品の工夫したところなどを、指さして見せられることで、スピーチがしやすくなったようです。
【事例提供:神奈川県M先生より】