日別アーカイブ: 2010年10月15日

はかりの目盛りを0に合わせる

小学3年、理科の事例です。
はかりの目盛りの読み方を学習するために、実際にはかりの目盛りを実物投影機で大きく映しました。
実物投影機「みエルモん」は見せたい角度から映せるのでとても便利です。
左の写真のように横から映しました。
さらに、微調整つまみの部分を大きく映して見せました。
このつまみを回すと目盛りが動く様子を実際にクラスみんなで確かめることができました。
これで微調整のやり方がわかり、どのグループも間違いなく0に合わせることができました。
言葉で説明することが難しいものは、このように見せながら説明するとすぐにわかるので実物投影機は助かります。
【事例提供:富山県S先生より】