カテゴリー別アーカイブ: 展示会・講習会等の情報

ICT教育活用好事例研究会(札幌)へ参加しました。(1)

1月25日(金)に、札幌市で「ICT教育活用好事例研究会」が開催されました。
これは、文部科学省主催で行われている『国内のICT教育活用好事例の収集・普及・促進に関する調査研究事業』の研究発表になります。
この事業は、平成23年度から形を多少変えつつも実施されている事業で、この研究会が北海道で開催されるのは初めてでした。
札幌で開催された今回の研究会の主題は、『「学びの自立」と「学ぶ喜び」を育むICT活用』です。
会場には約150名の参加者が集まりました。
最初は札幌市立幌西(こうさい)小学校の谷坂先生による公開授業でした。
幌西小学校の5年生の子どもたちが会場に集まり、舞台の上での公開授業でしたが、みな元気に授業の様子をみせてくれました。
授業は外国語活動。電子黒板にパワーポイントで作った自作のフラッシュ型教材を映したり、簡単なゲームをしたりしてウォーミングアップをした後、学習課題に入りました。
課題は「夢の時間割をつくって伝え合おう」でした。教材はデジタル教材「Hi,friends! 1」を使っていました。
子どもたちもテキストを持っているので、テキストの時間割に、自分が教えてもらいたい教科をイメージして、有名人の名前を書き込みます。
書いた「夢の時間割」を実物投影機「みエルモん」で映しながら、その有名人からどんな教科を教えてもらいたいのか、みんなで考えて当てる、という授業でした。
どの子も楽しそうに、大きな声で発表していました。
文字や絵が見えることで、英語での発言もスムーズに行く様子がよくわかりました。
外国語活動とICT活用の相性はとてもよいことが伝わってきました。
素朴な使い方でしたが、「みエルモん」では子どもの手書きの「夢の時間割」のワークシートを映していました。
この時、はっと思ったのですが、会場に見えるように映ったスクリーンには、発表する子どもが書いた字だけではなく、消した跡も見えました。
きっと悩みながら、考えながら書いたんだろうなということが、「みエルモん」で映した映像から伝わってきました。
全てデジタルだったらなかなか伝わらないことですが、こんなところが実物投影機「みエルモん」の良さでもあるのかもしれないと感じました。
←発表の様子   ↓ワークシートを映したスクリーン

ICT教育活用好事例発表会東京会場の申込み始まりました!

以前からニコニコ45分でもご紹介していた『平成24年度文部科学省委託 国内のICT教育活用好事例の収集・普及・促進に関する調査研究』発表会の東京会場の申し込みが始まりました!
日時は以下のようになっています。
  ■研究発表会東京会場 日時:平成25年3月13日(水)10:00〜17:00(受付は9:00より)
             場所:文部科学省 東館3階講堂(東京都千代田区)
詳しい内容や申し込みは、研究会のHPからご覧ください。
  『平成24年度文部科学省委託 国内のICT教育活用好事例の収集・普及・促進に関する調査研究』のHPへリンク

KOGANEI授業セミナーに出展します☆

東京学芸大学附属小金井小学校で平成25年2月8日(金)に開催される「KOGANEI授業セミナー」に、展示企業としてエルモ社も参加することになりました。
ぜひとも、エルモブースにお越しください。
セミナーでは、国語科、算数科、社会科、理科、生活科、図画工作科、体育科それぞれの提案授業と協議・講評があります。講演もそれぞれの教科ごとに行われます。
   ■KOGANEI授業セミナー
    【日時】2013年2月8日(金) 12:30 受付
    【場所】東京学芸大学附属小金井小学校
        〒184-8501 東京都小金井市貫井北町4-1-1
         TEL.042-329-7823 FAX.042-329-7826
    【申込】事前申込が必要です。
        申し込みはこちらから⇒東京学芸大学附属小金井小学校のHPへリンク
    【参加費】1,500 円(学生は1,000 円)
         お支払いは当日受付で。

第9回教育委員会対象セミナー(福岡)で展示します!

エルモ社では、第9回教育委員会対象セミナー(福岡)に展示で参加することになりました。
企業プレゼンの時間もあるため、エルモ社の新製品をたくさん紹介させていただく予定ですが、ぜひエルモブースにもお寄りください。
セミナーの内容も、武雄市教育委員会からの「ICT教育活用を推進−電子黒板、デジタル教科書、iPad」や、小城市教育委員会からの「ICT機器整備を推進−全教室に電子黒板、タブレットも整備」等、最新機器活用の話題が多くなっています。
   ・開催地:福岡県福岡市
   ・開催日:平成25年2月1日(金)
   ・開催場所:パピヨン24(福岡市博多区)
   ・主催: 教育家庭新聞社
詳細はこちらからどうぞ⇒第9回教育委員会対象セミナー(福岡)教育家庭新聞社のHPへリンク

NEW EDUCATION EXPO 2012 in 浜松に展示します!

エルモ社では、NEW EDUCATION EXPO 2012 in 浜松に展示で参加することになりました。
ぜひエルモブースにお寄りください。
小型で話題のプロジェクタBOXiも展示します。
   ・開催地:静岡県浜松市
   ・開催日:平成25年1月19日(土)
   ・開催場所:サーラシティ浜松(浜松市中区)
   ・主催:NEW EDUCATION EXPO実行委員会
詳細はこちらからどうぞ⇒NEW EDUCATION EXPO 2012 in 浜松(PDFファイル)

ICT教育活用好事例発表会東京会場の日程決定

今月の1月25日(金)は、札幌会場でのICT教育活用好事例発表会が開催されます。
エルモ社も参加しますので、ぜひ会場ではブースでご挨拶させてください。
また、先日ご連絡していたICT教育活用好事例発表会東京会場の日程が決定したようですので、ご案内いたします。
  ■研究発表会東京会場 日時:平成25年3月13日(水) 10:00〜17:00
             場所:文部科学省 東館3階講堂(東京都千代田区)
詳しい内容は、研究会のHPからご覧ください。
  『平成24年度文部科学省委託 国内のICT教育活用好事例の収集・普及・促進に関する調査研究』のHPへリンク

ICT教育活用好事例発表会東京会場の日程

先日の12月4日に、今後開催されるICT教育活用好事例の研究発表会のご案内をしました。
東京会場の日程についても、ご案内をしたところですが、最終案内をまだ公開できない状況になりました。
日程をご連絡できるようになり次第、ニコニコ45分でもご案内させていただきますので、もう少しお待ちください。
このような諸事情があり、12月4日の記事につきましては少し修正をさせていただきました。よろしくお願いいたします。

川崎市立平小学校の公開研究会があります。

川崎市立平小学校は、平成24・25年度「パナソニック教育財団 第38回 実践研究助成 特別研究指定校」になっています。
そしてその中間報告会として、来週公開研究会が開催されます。
川崎市は、以前から情報教育やICT活用について積極的に取り組んでいます。
実物投影機「みエルモん」も、5年前から少しずつ導入し、先生方への研修にも力を入れてきています。
来週の平小学校の公開研究会でも、そのような取り組みも含めて研究されてきた成果が観られるのではないかと思います。
全大会では、平小学校への指導にずっと関わられていらっしゃる横浜国立大学の野中陽一先生の指導講評と、玉川大学教職大学院の堀田龍也先生の講演もあるという豪華な内容になっています。
ぜひお申し込みの上、参加されてはいかがでしょうか。
「みエルモん」や「かけるもん」の授業を観ることもできます。
   ★日時:平成24年12月12日(水) 受付開始 13:00〜
   ★公開授業 13:30〜14:15
   ★全体会 14:30〜16:30
   ★場所:神奈川県川崎市立平小学校
        平小学校への行き方(平小学校のHPにリンク)
公開授業はこちらのページから詳細確認と申し込みができます。
   ☆平成24年12月12日 川崎市立平小学校 情報教育研究 中間報告会への案内

ICT教育活用好事例の研究発表会

昨年度に引き続き、文部科学省主催で『国内のICT教育活用好事例の収集・普及・促進に関する調査研究 研究発表会』が各地域で開催されています。
既に、福岡では11月6日(火)に、大阪では先週の11月28日(水)に開催されました。
次に開催されるのは、年が明けてから平成25年1月25日(金)に札幌市で開催されます。
場所は札幌市男女共同参画センター(札幌市北区)です。
文部科学省で用意されたHPから、申し込みをすることができます。
   ★申し込みページはこちらから⇒平成24年度 研究発表会 参加申し込みフォーム(クリックすると申し込みページにリンクします。)
詳しい内容は、研究会のHPからご覧ください。
申し込みもできるようですので、ぜひ早めに申し込みをされるとよいと思います。
  『平成24年度文部科学省委託 国内のICT教育活用好事例の収集・普及・促進に関する調査研究』のHPへリンク

教育の情報化実践セミナーin仙台に参加してきました!

先週の土曜日、平成24年12月1日に、仙台で情報活用型授業を深める会・JAET(日本教育工学協会)主催のセミナーが仙台の東北学院大学で開催され、エルモ社も参加してきました。
セミナーは10:00〜16:45まで一日がかりで開催され、講師には、木原俊行先生(大阪教育大学教授・附属平野小学校学校長)と原克彦先生(目白大学教授)の二人の先生が参加される、という豪華な内容でした。
エルモ社は午前中のセッションの中での、仙台市立吉成小学校の米畑美香先生とNHKの方と一緒にコラボ発表をさせていただきました。

米畑先生は小学4年生、社会の中で、実物投影機「みエルモん」L-12とパソコンなしで「かけるもん」を組み合わせて活用した事例を発表してくださいました。
この実践の特徴は、アナログとデジタルをとても上手に融合させているところでした。
子どもたちの課題である、地図情報の読み取りの難しさや、「関連」を考える難しさ、「経験」不足を補うために、米畑先生は、次のような工夫をされていました。
 ■読み取り方を理解させるため
   1.土地の利用の仕方のみを白地図に書き出す作業をさせた。
   2.描いた白地図に、OHPシートに作った地勢図を貸されてみた。
   3.重ねた地図を実物投影機「みエルモん」で映しながら、
     気づいたところを「かけるもん」で書き込みして各自説明し、
     気づきを共有しひろげていった。
 ■経験不足を補うため
   1.学校放送番組「見えるぞ!ニッポン」を視聴した。
   2.視聴しながら視聴シートにメモをとらせた。
   3.情報をもとにパンフレット風にまとめさせた。
このような制作活動を所々に取り入れることで、理解をより確かなものにさせるための工夫をていました。
それらの制作過程で、「みエルモん」や「かけるもん」が有効に使われ、子どもたちの気づきや考えをまとめる手助けができている様子がよく伝わってきました。
エルモ社からは、そんな効果的に使っていただけた「みエルモん」と「かけるもん」のご紹介をさせていただきました。

午前と午後のセッションでは、それぞれ4つの実践発表があり、講師の先生方からの講評がありました。分かりやすい講評で、発表の内容をより深めることができました。
発表の後には、質問や感想をテーブルごとに紙に書き出し、それを「みエルモん」で映しながら共有する場面もありました。
また、岩沼市の加藤先生の発表では、実際にアンドロイドタブレットを「みエルモん」で映しながら、宮城教育大学で開発した無料の書き込みソフト「iTouch」を披露する場面もありました。
今回のセミナーのタイトルは『未来の教室がやってくる』でした。
このタイトルにふさわしく、授業の中でクラスみんなの考えを共有する様々なアイディアとして、実物投影機だけではなく、子どもたちの書き込みを共有するソフト等を使いながら電子黒板で共有したり、グループごとのタブレットやパソコンを組み合わせたりしていく授業実践が紹介されました。
その中でも、理解を深めるためにノートやワークシートに書込むなどのアナログな活動を上手に取り入れていることが、授業により深みを出していることがよくわかりました。
今回のセミナーの陰のテーマとして、『デジタルとアナログの融合』があったように感じました。