カテゴリー別アーカイブ: 展示会・講習会等の情報

第41回全日本教育工学研究協議会全国大会    富山大会に参加します!

いつもニコニコ45分をご愛読いただきましてありがとうございます。
ご無沙汰しておりましたが、これからも定期的に発信してまいりますので、
引き続きよろしくお願いいたします。

今年も第41回全日本教育工学研究協議会全国大会 富山大会に出展致します!
 期 間:H27年10月9日(金)~10日(土)
 主会場:富山県民会館

今回は、大会2日目の10月10日(土)13時45分より302会議室で開催される
「B)電子黒板・実物投影機を活かした授業づくり」
でワークショップも行います。

ご来場予定の皆様、ブース及びワークショップへのご参加を
是非ともお待ちしております!

事前参加登録はH27年9月30日(水)までになりますので、
ご検討中の皆様は富山大会のホームページよりご確認をお願い致します。

New Education Expo 20142 in東京に参加しています!

今年も、New Education Expoの季節となりました。
そして、残念なことにお天気は肌寒い雨ですが、New Education Expo会場はたくさんのセミナーと出展企業の活躍で、とても熱くなっています。
 そしてエルモ社も、「みエルモん」「かけるもん」
 「つたエルモん」を展示しながら
 参加しています。
 New Education Expoに参加される先生は、
 ぜひともブースにお寄りください。
 そして毎年参加しているミニセミナーを今年もやります。
 最終日の6月7日(土)です。
 ミニセミナー会場④は、エルモ社のブースのすぐ隣です。
 ぜひぜひ参加して、掛け声をおかけいただけるとうれしいです。
   ☆エルモ社のミニセミナー
    6/7(土) ミニセミナー会場④ 11:50〜12:05まで

玉川大学小学部の公開授業があります

玉川学園小学部では、小学校1年生から4年生までの子どもたちが学んでいます。
全ての教室にボード型の電子黒板と実物投影機「みエルモん」が整備されています。
そして今年も、公開授業が開催されますのでご案内いたします。
堀田龍也先生(玉川大学教職大学院教授)がコーディネーターのパネルディスカッションもあります。
公開授業は、8つの授業(国語、社会、算数、理科、美術、英語、情報、学びの技)が予定されています。
学校からいただいたパンフレットには、
   昨年に引き続き「授業目標を達成するためにICTをどのように活かすか」という視点で
   授業をご覧ください。
というアドバイスが記載されていました。
きっと、ICT活用の大切な目的「授業目標を達成するためのICT活用」を見失わない授業が展開されることと思われます。ぜひ参加してみてはいかがでしょうか。
★研究主題:『授業目標達成のためのICT活用2』
     
☆日  時:2014年1月29日(水) 12:30〜15:30
           受 付     12:30〜
           全体説明    13:10〜
           授業公開    13:30〜
           パネルディスカッション 14:30〜15:30
☆会  場:玉川学園 低学年校舎

八王子市立鑓水小学校の研究発表会

八王子市立鑓水小学校は、算数科における研究実践をされています。
その中で、全教室に実物投影機とプロジェクタをそろえて、ICTも使いながら効果的な授業を研究されています。
そしてその研究発表会が開催されますので、ご案内いたします。
★研究主題:『自分の考えをもち、互いに交流しようとする児童の育成』
     〜算数科における思考力・表現力を高めるための指導法の工夫〜
☆日  時:平成26年1月24日(金) 13:30〜16:00
           受 付     13:10〜
           全学級公開授業 13:30〜
           研究発表    14:40〜
           講演      15:10〜15:55
            (講師:山崎憲先生 元東京都算数教育研究会会長
               「思考力・表現力の育成と学び合い」
☆場  所:八王子市立鑓水小学校
      〒192-0375
       東京都八王子市鑓水2−74
      TEL:042-675-7760

神奈川県視聴覚・放送教育研究大会へ参加します☆

1月24日(金)に相模原市で、『平成25年度 神奈川県視聴覚・放送教育研究大会 相模原大会』が開催されます。
当日は、相模原市立中央小学校と中央中学校で公開授業も行われます。
中央小学校では、実物投影機「みエルモん」を使った授業も予定されています。
相模原市は、各普通教室に50インチのデジタルテレビが設置されています。これを活用して日常的にICT活用を推進している学校が多く、今回もその一端を見せていただけるものと思います。
お近くの皆さま、ぜひご参加ください。
エルモ社も、中央小学校の体育館で展示をしています。
神奈川県内の学校でたくさん使っていただいている実物投影機「みエルモん」L-12iだけではなく、小型のモバイル「みエルモん」MO-1や、そのワイヤレス版MO-1w、そしてパソコンがなくても電子黒板として使える「かけるもん」CRA-1や「つたエルモん」CRB-1も用意していますので、ぜひご覧ください。
    ★ 開催日時:平成26年01月24日(金)
             受付開始 9:15
             全体会  9:30〜
             記念講演 10:30〜11:55
                  坂本成一教授(宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究所)
                  「見えない光と探査機で探る宇宙」
             公開授業 13:30〜
             分科会  14:30〜16:00
    ★ 会 場 :相模原市立あじさい会館大ホール(全体会・記念講演)
           相模原市立中央小学校(公開授業・小学校分科会)
           相模原市立中央中学校(公開授業・中学校分科会)
           神奈川県立総合産業高等学校(高等学校分科会)

eスクール ステップアップ・キャンプへ参加します☆

「eスクール ステップアップ・キャンプ」は、文部科学省主催の平成25年度ICT教育活用関連研修会です。
今年は、西日本大会と東日本大会に分かれて2回開催されます。
エルモ社は、どちらの大会にも展示企業として参加いたします。
ぜひ、エルモ社のブースにお越しいただければと思います。
  ■eスクール ステップアップ・キャンプ「西日本大会」(兵庫)
    開催日:平成26年01月24日(金)
    開催場所 : 午前 兵庫県西宮市立用海小学校
          午後 西宮市アミティホール(兵庫県西宮市)
  ■eスクール ステップアップ・キャンプ「東日本大会」(新潟)
    開催日:平成26年02月05日(水)
    開催場所 : 朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター
           4F 国際会議室 マリンホール
              (新潟市中央区万代島6番1号)
詳細やお申し込みはこちらからどうぞ ⇒ 「eスクール ステップアップ・キャンプ」のHPへリンク

富山の「教育の情報化」実践セミナーに参加します

7月13日(土)に富山大学で開催される「教育の情報化」実践セミナーin富山にエルモ社も参加します。
今回は、発表と展示の二本立てです。
この実践セミナーの今回のテーマは『ICT活用が定着する校内研修・教員研修』です。
実物投影機活用授業研修パッケージ「ニコニコICT」を出しているエルモ社が、得意とする分野でもあります。
発表は、徳島県東みよし町立足代小学校の土井国春先生と一緒に行います。土井先生の学校は、フューチャースクールでも有名な学校ですが、実物投影機を理想的な形で活用してくださっています。
詳細はこちらからご覧いただけます。↓
「教育の情報化」実践セミナー 2013 in 富山 (2013.07.13)(JAETのHPへリンク)

New Education Expo 2013 東京 に参加しました!

今年度も、6月6日(木)から8日(土)まで開催されたNew Education Expo 2012 in東京に参加してきました。
 今年は、ミニセミナーだけではなく、
 ランチョンセミナーにも参加しました。
 ブースにはたくさんの先生方に来ていただき、
 いろいろな情報交換ができました。
 「みエルモん」使っているよ♪という声が、
 何よりうれしいかったです。ありがとうございました。

 また、「みエルモん」と一緒に使えばパソコンなしで使える
 ユニット式電子黒板「つたエルモん」CRB-1も初めての
 お披露目でした。
 小さい実物投影機モバイル「みエルモん」MO-1や
そのワイヤレス版MO-1Wも、大変人気でした。
持ち運べるようになった充電バッテリーのニーズも高いことがよくわかりました。
21日(金)、22日(土)に開催される大阪のNew Education Expoでも、同じようなご紹介をさせていただきます。
ぜひブースにお越しいただければと思います。

ICT教育活用好事例東京会場申込み始まってます!

先日ご紹介した、『平成24年度文部科学省委託 国内のICT教育活用好事例の収集・普及・促進に関する調査研究』発表会の東京会場についてですが、Webで公開されているのは日時などのご案内のみでしたが、さっそく申し込みが始まりました。
詳しくは、2月14日の記事をご覧ください。
この研究会は、文部科学省で開催される関東ブロックが今年度の最後の研究会になります。
1月に開催された札幌会場の研究会の様子は、ニコニコ45分でも紹介していますので、ぜひご覧ください。
   ☆ニコニコ45分:ICT教育活用好事例研究会(札幌)へ参加しました。(1)
   ☆ニコニコ45分:ICT教育活用好事例研究会(札幌)へ参加しました。(2)

ICT教育活用好事例研究会(札幌)へ参加しました。(2)

1月25日(金)に、札幌市で開催された「ICT教育活用好事例研究会」の記事(2013年2月15日)の続きです。
公開授業の後は、北海道の小学校、中学校、高等学校、高等聾学校の4人の先生がたによるポスターセッションがありました。
どこのブースもたくさんの人が集まり、みな真剣に発表を聞いていました。
中でも、ただ一人女性の先生で発表された札幌市立山の手南小学校の菅野牧子先生は、最初に実物投影機を全教室に整備することから始め、今では学校すべての先生方がICTを活用し、授業での効果的な活用方法についての研修や話し合いを楽しく続けているというお話を聞かせてくださいました。
 ICTを活用しやすくするために、専用の台を用意したり、
 コードなどをきれいに束ねたりするなどのICTの環境づくりの
 工夫もしていたところなど、参考になるお話がたくさんありました。
 そして、普及した大きなカギは、『実物投影機から始めたこと』
 とはっきり言われていました。
ICT活用で大事なこととして、使う目的を自覚して使うことをあげ、以下のような分類で説明してくださいました。
  1.興味・関心を高める
  2.短時間で明確な説明
  3.資料の提示・共有
  4.考えを交流
  5.知識の習得・定着
特に、なるほどと思ったのは、「4.考えを交流」として紹介された事例についてです。
思考の過程や気づきを表現することに有効として、実物投影機でノートを映し子どもたちが説明しあう事例を紹介してくださいました。子どもがノートに書いたことを指を指したり、伝えたいところをズームしたりして見せながら伝え、交流し合うということを教えていただきました。
この日の公開授業でも使われていた「みエルモん」の活用方法も同じでした。ノートには、その子の悩んだ様子や伝えようと思ったことがたくさん詰まっていました。
それを実物投影機を使うことで、リアル感をもって思考の過程まで伝えることができるというのがポイントだと感じました。
 休憩をはさんだ後半は、東北学院大学の稲垣忠准教授による
 コーディネートのもと、パネルディスカッションが行われました。
 北海道からだけでなく、山形県米沢市や宮城県の先生方と
 「『学びの自立』と『学ぶ喜び』を育むICT活用」
 というテーマで話し合われました。
 札幌市立幌西小学校の新保校長先生からは、教室にある
 電子黒板を日常的に活用するための周辺環境の工夫として、
 写真で詳しく説明してくださいました。
 実物投影機「みエルモん」を活用する際に、
 ぜひとも参考にしたい内容でした。
 その時のスライドが左の写真です。
 クリックすると大きくなりますので、ぜひ参考にしてください。
どの発表も、今後のICT活用を進めていくうえで大変参考になることが多く、学び多い研究会でした。
エルモ社のブースに来てくださった先生方、本当にありがとうございました。