カテゴリー別アーカイブ: 海外からの情報

わぁい!「みエルモん」が届いたよ♪…海外でも「みエルモん」

「みエルモん」は、海外の学校でも使われています。
マレーシアにある日本人学校から、とてもかわいらしい写真が届きましたので、ご紹介いたします。
わぁい!「みエルモん」が届いたよ♪ 海外にある日本人学校でも、日本の学校と同じような授業があるために、実物投影機を使いたいというご連絡が時々入ってきます。
おおきく映して授業をしたい場面は、たくさんあるようです。
そして、やはり「みエルモん」は子どもたちにも大人気。
どんな授業が行われているのか、時々ご紹介していきたいと思います。
【事例提供:マレーシアにある日本人学校より】

「ICT教育国際交流会議」のご案内

日本教育工学協会(JAET)主催で、9月24日(金)に、
第1回ICT教育国際交流会議 (2010.9.24)
   「ICT教育政策のこれからを考える」
    〜4か国が参加 イギリス、インドネシア、マレーシア、日本〜
が開催されます。
4か国の教育関係者が集まり、「ICT教育政策のこれからを考える」国際会議です。
英国からは、ICTコンサルタントのDave Smith氏が、インドネシア、マレーシアからは教育省ICT政策担当者が、文部科学省からは、生涯学習政策局の齊藤晴加参事官がご登壇され、各国政策の現状とこれからを考えていくという豪華な内容になっています。
参加は無料です。
日本教育工学協会(JAET)のHPで申し込みを受け付けていますので、ぜひお申し込みください。
海外のICT教育の現状を知るまたとない機会になるかと思います。
■開催要項
 日 時: 平成22年9月24日(金)午後3時〜午後5時 (開場 午後2時30分)
 会 場: 大手町サンケイプラザ 311号室
      東京都千代田区大手町1-7-2 (地下鉄大手町駅下車A4・E1出口直結)
■登壇者:
 【イギリス】 Dave Smith氏/ ICTコンサルタント、Visualiser Forum会長
 【インドネシア】 (教育省にて人選中)
 【マレーシア】 Siti Zaleha女史/ Director, Educational Technology Division ,Ministry of Education
 【日本】 齊藤晴加参事官/ 文部科学省生涯学習政策局
      山西潤一/日本教育工学協会会長/富山大学教授
      堀田龍也/ 日本教育工学協会副会長/玉川大学教授
主 催: 日本教育工学協会(JAET)
共 催: (社)日本教育工学振興会(JAPET)、株式会社エルモ社
後 援: 文部科学省(申請中)
詳細はこちらからご覧ください。
http://www.jaet.jp/katudou/event.html

BETT SHOW 2008 開幕

ICTが世界で最も発展している英国において教育の展示会が開催されいます。
 
会場から展示会の様子が届きました。

 ◆ 会場全体の様子
   

 ◆ エルモブース
     

 ◆ 入場待ちの様子
 
    
会場時間 は、10:00ですが、10分前の時点で入場待ちの長蛇の列が
出来るほど盛況のようです。

海外からのレポート

ドイツ “デュッセルドルフ日本人小学校” の事例報告
デュッセルドルフには日本人が約7000人住んでいると言われています。
主に日本企業の駐在員とその家族なのですが、これだけ多いと日本人学校もあります。
このデュッセルドルフ日本人学校にJALの現役パイロットさんと日本紙飛行機協会の
会長さんがおみえになり、飛行機が飛ぶ仕組みやみんなで紙飛行機を作ってみようという
特別授業が11月にありました。
 紙飛行機を作る時に実物投影機
 (書画カメラ)を使って、会長さんが
 織られるのを大きなスクリーンに
 映しました。

子供たちは一生懸命紙飛行機を作って、その後の休み時間にはみんな校庭で
飛ばしあいっこして遊んでいました。
実物投影機がとても役に立ち、校長先生や事務局長さんも大喜びでした。

海外からのレポート

アメリカ  “Carver Academy” からの報告
   ※この小学校は特に美術に力を入れているそうです。


 創造性と想像力は一緒になって成長してゆきます。
 Carver Academy の Elaine Kimura 先生は、
 新しい概念を教えたり、ユニークな学習方法を発見するのに
 役立てるために、毎日のように 実物投影機(書画カメラ)を
 使っています。


 Kimura先生は実物投影機に一枚の紙を置きました。
 生徒達は画面に写された形から、実在の動物、モノ、生物を
 マーカーを使ってホワイトボードに描くよう指導されます。


 このプロセスは生徒達の芸術力を発達させ、創造性を
 高めることに役立ちます。
 美術、数学、作文といった科目のより深い部分につながって
 いくことになります。
   
                 その上、紙を1枚だけ使用するだけでよいので、この指導方法では
                 学校全体で使う資材費を削減することができます。

ドイツでの展示会


 10月下旬にドイツ ミュンヘンで、「SYSTEM」というAV機器関係の
 展示会が開催されました。
 28ヶ国から1,198社のブース出展があり、
 その一角に教育関係機器のエリアがありました。
 来訪者は、約43,000人とかなり大規模な展示会でした。
来訪者の割合は、
  ・先生 ・・・ 約25%
  ・校長先生 ・・・ 約20%
  ・学校にICT機器を紹介する専門家 ・・・ 約25%
  ・ディーラーを含む企業関係者 ・・・ 約20%
  ・その他 ・・・ 約10%                  だったようです。

またこの様な、海外での展示会や事例などがありましたらご報告したいと思います。

海外からのレポート

イギリス 低学年の授業での様子

書画カメラで大きく映し出すと、小さい物が、巨大に変身!
小さな虫も、大きなモンスターになって子どもたちは大喜びです。
数を数える練習をしました。

『テーマ学習』

教科に関係なく、多方面からテーマについて学びます。
ここでは、テーマ:中国についての事例を紹介します。

書画カメラで映し出しながら、漢字の書き取りもしました。
子どもたちは、マンチェスターにある中国芸術センターを見学し、
芸術的な古代の書道作品を自分の目で見ました。
その後、もっと多くの漢字が書けるように、手元を書画カメラで拡大して
正しい書き方を学びました、

歴史の授業では、中国の小さな工芸品を書画カメラで映し出し、
色々な方向から眺めて観察しました。工芸品の細かな技を見ることができて、
みんな感動しました。

地理の授業では、世界地図をスクリーンに映し出して、
中国のところにピントを合わせるようにして使いました。
地図の小さなところも大きくして見ることができます。

ICT教育として、すべての子どもが書画カメラを使えるようになるように
教えてきました。興味を持って熱心に取り組み、設置や操作もマスターし、
自分から進んで書画カメラを上手に使えるようになったことには、驚き、感動しました。
子どもたちは、書画カメラでどんなことができるのかを理解しているので、
時には授業でアドバイスをくれたりもします。

子どもに、自分が大きく写して見たいものを探してきてもらい、
それを映し出す授業がとても人気です。「ほこり」から「古い硬貨」まで、
いろいろなものがあります。

子どもたちは、授業の終わりに、自分のノートや作品を書画カメラで映したがります。
書画カメラで映して、みんなに見てもらうことで、自信がついたり、
みんなの前で話をする力や聴く力を養うことにもなります。
授業中に作品ができたからといって終わりではないんです。

海外からのレポート(2/28)

『クレイメーション』
2月7日〜9日にアメリカ テキサス州のAustinでTCEA(Texas Computer Education Association )が開催されました。
コンピューター関連機器のみではなく、K-12市場(Kindergarten=幼稚園から12年生=高校
最終学年)全ての教育用機器の展示がされます。
3日間で8500人程度の先生を主とした教育市場に携わる人々の入場者があり、非常に活況の
ある展示会でした。
実際の教育現場でドキュメントカメラ(アメリカでは、書画カメラ(実物投影機)のことを
ドキュメントカメラといいます。)を使われている先生に、どのような使い方をしているかを
尋ねてみたところ、ある先生から、とても面白い使用例がありました。
テキサス州 オースティン市から北へ13マイルにあり、Eanes学校区に属する
Westlake High schoolで、3年ほど前からドキュメントカメラ(書画カメラ)を使った
「クレイメーション(粘土人形を使ったアニメーションのことです)」の基礎をコンピューターの
授業で教えているとのことです。
クレイメーションを使った映画製作は、米国ではディズニーを中心によく製作されています。
記憶に残っているのが、『The Nightmare Before Christmas』です。
この作品は粘土人形の動作を1コマ1コマ変えながら撮影しコンピューターへ
取り込むのですが、約2時間弱の映画製作に3年間掛かったとのことです。
日本で有名なのは、『ウォレスとグルミット』でしょうか・・・。
授業で、粘土人形を側面から撮影可能なドキュメントカメラ(書画カメラ)のステージ上で
1コマ1コマ変えながら撮影しコンピューターへ取り込むことによって動画を作る。といった
基礎的な授業に使われているそうです。
想像しただけでも、楽しいそうな授業ですよね。
こんな使われ方があるとは・・・。思ってもみませんでした。