札幌市立平岸高台小学校の公開授業に行きました(3)

2014年2月17日に開催された、平岸高台小学校で開催された、札幌市研究開発事業「情報教育に関する実践研究会」の公開授業の続きです。
 公開授業の後は、平岸高台小学校の研究実践校の取り組みの
 紹介の実践発表や市内の小中学校の実践紹介がありました。
 平岸高台小学校は、研究校として、電子黒板、
 デジタル教科書、実物投影機などのICT機器が導入されて
 2年がたちます。
ICT機器ありきの授業ではなく、わかりやすい授業のためのICT活用をするため、今まで模索してきた日々についての苦労や、新しい発見の喜びなどが伝わってきました。
今年度からは、ICT支援員の方の協力も大きかったようです。
最後は、玉川大学教職大学院の堀田龍也先生によるご講演で締めくくられました。
今回の演題は『授業改善のためのICT活用とは』でした。

 最初に、参観した授業一つ一つの講評を
 丁寧にしていただきました。
 
 そのお話は、ICT活用という視点よりは、
 授業の内容について学ぶことが多いお話でした。
その中でも、授業の組み立てのお話が特に心に残りました。
授業の目標を達成するために、どんな時間配分で、子どもたちにどこまで学ばせるのか。
授業の最後には、ノートにどんな学びが残されていたらよいのか。
その時のICTの役割が、はっきりしているか。
講演のスライドには、
  「ICTはあくまで脇役、教材研究と授業づくりが最重要」
と書かれてありました。
ICTを使えば授業がよくなるわけではなく、ICTにあまり頼らないのが一つの落としどころだと言われていました。使わないのではなく、「あまり頼らない」ということろがポイントです。
堀田先生の最後のスライドは、OHPの写真でした。
 今のように実物投影機が使われる前には、
 OHPが授業でかなり使われた時代がありました。
 その頃、OHPが重要だったわけではなく、
 OHPの上に何を置いたかが重要でした。
 その時の教材選定が重要だったわけで、このことは、
 今も全く変わっていないこと。
 どんな教材選定をしたかによって、授業が改善されているかが、最大の課題であることを話してくださいました。
時代や道具が変わっても、授業に本当に必要なことは変わっていないのだと改めて考え直したご講演でした。『授業改善のためのICT活用』の一番大切なことはここにあるのかもしれないと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>