札幌市立平岸高台小学校の公開授業に行きました(2)

2014年2月17日に開催された、平岸高台小学校で開催された、札幌市研究開発事業「情報教育に関する実践研究会」の公開授業の続きです。
 5年の算数「百分率とグラフ」の授業では、
 前時の学習の振り返りとして、実物投影機「みエルモん」で
 SDカードに保存しておいたノートを映していました。
 保存したSDカードを選んで見せたり、
 ポイントに書込んだりすることが便利な
 「かけるもん」も一緒に使っていました。

 バラバラの数字を、どうやって比べたらいいか。
 難しい場面でしたが、
 前時で学んだ比べるための数をそろえる方法を振り返り、
 しっかり確認してから、今日の問題に取り組みました。
 
 
 ノートを日常的に実物投影機で映している効果もあるのか、
 きれいに整理されたノートを作っている子どもが多いことが
 印象的でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>